スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカのプロはど素人 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカのサービスのレベルが始まったのは今に始まったことではないが、
これは単に店員の態度が悪いということに留まらず、
そもそも能力がない人がやっていることが多い。

夏に、米国大使館でビザスタンプをもらうために申請書を準備しているのだが、
たった1枚の証明写真の要件が異様に細かくA4で5ページにも及ぶ。
ちなみに、デジタルのファイルとプリントアウトしたものの両方が必要。
主な点をあげると、

ー 写真は2インチ×2インチ
ー 目の高さは写真の下辺から測って写真の高さの56-69%
ー 顔の長さは写真の高さの50-69%
ー 顔は全体の中央
ー 背景は白
ー 顔や背景を影で遮っていない
ー 不鮮明でない
ー 色彩は自然な肌色を写している

ー デジタル画像はJPEGまたはJFIF形式
ー サイズはアスペクト比1:1で各辺600-1200画素
ー ファイルサイズは240KB以下
ー 色はsRGB色空間
ー 圧縮比20:1以下

というような感じだ。
ちなみに、カラー写真が必須で色も自然でないと通らないが、
ビザの写真は白黒である。
規定にある「不適切な例」の一つはビザと同様の白黒で印刷すると
「適切な例」と見分けがつかない。
また以前は、顔の面積が全体の50%という条件がついていたので
上記の条件と合わせると論理的には顔が横長の人でないとビザを取れない、
ということになっていたがこの条件は流石に削除されたらしい。

ともかく、いろいろと面倒なのでプロにとってもらおうと思ってでかけた。
影が映り込まないというのは以外と難しいが、
日本の写真屋だったらこんな簡単な条件を満たせないとは思えない。


1件目:ドラッグストアの写真サービス

僕「USビザ用の写真を撮って欲しいんだけど。要件はここに書いてあるから。
  米国大使館は極端に規定にうるさいからくれぐれも気をつけて。」
店員「(適当に読み流して)OK。問題ないよ!」

写真ができてから、定規を持って細かく検証。

僕「この写真、目の位置が規定を満たしてないけど。
  あと耳の後ろ、影が映ってるよね。」
店員「これ影じゃなくて髪じゃない?」
僕「いや、そんなに髪長くないし。」
店員「じゃあ、返金します。」


2件目:プロの写真屋がやってる写真館

僕「USビザ用の写真を撮って欲しいんだけど。要件はここに書いてあるから。
  米国大使館は極端に規定にうるさいからくれぐれも気をつけて。」
インチキ写真家「余裕余裕。パスポートと同じだから(←全然違う)。
   まかせとけ。今、あそこで商談中だから20分待ってて。」
僕「顔は中央って書いてあるけど、上下方向に中央だと目の高さの要件を
  満たさない事が多いから気をつけて。この例を参考にして。」
インチキ写真家「分かった分かった(←聞いていない)。」

その後、無断で別の打ち合わせに入った写真屋、40分後に撮影開始。

インチキ写真家「できたけど。」
僕「サイズ違うし。2インチ×2インチっていったでしょ
  (しかも書面でマーカーで強調したものも2回見せている!)。
  これ、45mm x 35mm だよ。」
インチキ写真家「(プリントしなおして)はい、できた。2人分で20ドル。
   (←もうめんどくさくなってきている)。」
僕「(写真が不鮮明で、娘が撮った手ブレ写真のよう)
  うーん、一応サイズは合ってるけど…。はい、20ドル。」
インチキ写真家「俺、証明写真20年も撮ってるから、安心だぜ!」
僕「なんとかして、もっと影が無い写真撮れないものなの?」
インチキ写真家「無理無理。影ってのは必ず入るものなんだよ。」

→ 大使館のページで写真をチェックしたところ2枚ともピントズレで通らず。
そもそも、あんな暗い事務室で証明写真撮るの初めて見た。

奴「あの写真屋、態度でかいし、なってなかった。
  Willyはもっと文句言うかと思ったのに、意外と言わなかった。
  私が文句言おうかと思ってた。」

(電子メールにて)
僕「今日、撮った写真、ピントズレでpre-screeningすら通らなかったけど。
  通す方法知ってたら教えろ。」

→ 返信無し

(インターネットのレビューサイトにて)
「この写真館は結婚、出産、卒業記念写真なんかを撮っていますが、
  もしあなたがそういう目的でここを使うなら、証明写真の規定すら満たすことが
  できない写真家が芸術的な写真を撮れることを期待しなければなりません。
  幸運を祈ります。」


3件目:スーパー内の写真撮影場所

僕「USビザ用の写真を撮って欲しいんだけど。要件はここに書いてあって
  米国大使館は極端に規定にうるさいからくれぐれも気をつけて。」
おやじ「うーん、分かる分かる。そうだよね~。」

使っていたのはやっすいコンパクトデジカメ!
15分後、写真ができる。

僕「これ、サイズ違うけど(しかも縁がぼろぼろになっている)。
  それに、この目の高さ低すぎ。肩の下数ミリまで入れないと
  規定を満たさないから。」

このスーパー、顔の大きさや目の高さも自動でチェックできる
システムがあるのに何故間違えるのか?!
サイズも枠があるのにいい加減に切っているから5mmも短くなっている。
しかもカッターがぼろぼろなせいか、まっすぐ切れてない。

おやじ「あ、いますぐ急いで取り直すよ。」

なぜか今度は5分後に写真ができた。
写真の左上2割ほどが暗くなっていて絶望的な写真。
あの設備でとったらそんなものだろう。

僕「あ、写真切らないで。自分で切るから。あれ、CD-ROMは?」
おやじ「同じ袋に入れといたよ!」
僕「早いね。どうもありがとう。」

→ CD-ROMの写真は取り直し前の写真!


4件目:スーパーの建物に入居している写真館

僕「ビザ用の証明写真撮りたいんだけど。」
おばちゃん「あー、もう4時だから店じまいだよ。」
僕「いま3時57分だけど、残り3分の勤務時間は何するの?」
おばちゃん「…じゃあ撮ってみるよ。」
僕「この規定に合わせてプリントし、、、」
おばちゃん「あー、無理無理。そのサイズにはできないよ。」

→ 4時になったらしい。


埒があかないので、写真好きの日本人の友人に相談。

友人「アメリカで証明写真って難しいんですよねぇ。とりあえず、
ー 日中、屋内で全体が明るい部屋、時間に
ー 目に影が落ちなければ部屋の明かりも全開に
ー カメラは三脚あるいは他のもので固定
ー フラッシュは発光禁止に
ー シャッタースピードを下げて明るく写るように
ー 顔が暗めに写る場合、照明を持って来て被写体を照らす
ー 被写体と背景との間に少し距離を空ける
ー いざとなれば映らないところにアルミホイルを置いてみる
ー フラッシュが必要な場合は、ティッシュや反透過性の紙をフラッシュに被せる
でやってみて下さい。」

→ 4件の写真屋、見事にどれも守っていなかった。

アメリカで言うプロとはお金をもらうために仕方なく仕事をやっている人、
と考えるのが妥当なようだ。

注)ちなみに僕はお金をけちったのではない。
「必要ならスタジオを使ってちゃんとした写真を撮って規定に合わせて欲しい」
と頼んだ。そうではなくて、彼らは
「ビザ用 → 証明写真 → USパスポートと一緒 → 楽勝」
と脳内で勝手に決めつけているのだろう。
20までしか知らない5歳児に
「80って知ってる?」
と聞いて
「知ってる知ってる!18のことでしょ。楽勝だよ!」
と返される状況、と考えれば分かりやすいかも知れない。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

写真屋の質もそうですが、少々理解しがたい規定ですね…
顔が中央でかつ目の位置に規定があると、そもそも絶対通らない人がいるのでは。

仕事の書類を増やすための仕事をしているようにしか思えませんね

No title

昔はグリーンカードの写真が超難関でした。斜め向きだったし。研究所内の外国人オフィス御用達の写真屋が同じ日に同じ場所で撮った写真でも、一人は合格、もう一人は不合格とか、合格基準が不可解。移民局に申請に行ったら、窓口のおっちゃんが「この建物の向かいに写真屋があるから、そこでグリーンカード用って言って撮り直してきて。」って言ってましたから、あれはもしかして移民局が近所の写真屋と結託してたのかとすら疑いたくなりました。最近は運転免許のように、グリーンカード用は移民局オフィスで撮ります。そこで規定通りに撮れなかったら、向こうの責任です。

Willy先生の場合、必要だったのは、「注意書き通りのスペックで写真を撮る・印刷する人」だと思います。バカの一つ覚えの方法しか知らない「プロ」は、それ以外の方法でやれと言われるとできないので、何かと理屈をこねてスペックを守らずに誤魔化そうとします。ただし「スペック通りにやれる人」を見つけるのは困難ですから、写真なんかは今は自分で撮って、ソフトを使ってサイズを整えて、ドラッグストアで印刷だけやってもらうのが一番安上がりで精神的にも負担の少ない方法ではないかと思います。

No title

匿名さん:

顔が中央、というのは「やはり水平方向に中央」ということを暗に意味しているのでしょう。

F Friesさん:

>あれはもしかして移民局が近所の写真屋と結託してたのかとすら疑いたくなりました

ビザの写真も、あんなにうるさいのに米国大使館の中の自販機で撮ればOKですからねぇ。
ともかくなるべく文句を言って厳しくしたいんでしょう。癒着もあるかも。
学科の学生がやはりビザを申請するところで、「写真大変じゃない?」と尋ねたら、
やっぱり自分で撮っていました。前回通ったものと全く同じになるように撮った、と。
そういえば永住権申請も近々あるんだった…。

No title

自分でデジカメで撮ったあとに、フォトショップかなんかの自動調整しただけでしたが、プレスクリーニングも東京の大使館も通りましたよ。

私も永住権申請中なのですが、うちの大学で使える中で一番安い弁護士に頼んだせいか、スケジュールが遅れに遅れています。昨年冬にはLabor certificateを申請して、今頃には就労許可も来ると聞いてたのですが、実際にはLCの申請をようやく先々週出すことに。今持ってるのがOPTで、Hビザを飛ばせると聞いたのでGC申請に踏み切ったのに、結局はHビザを申請しなければならないことに。

No title

>フォトショップかなんかの自動調整しただけ

調整は規定違反でしょう。ばれなければOKだと思いますが。
こちらも、永住権の弁護士が今ひとつやる気のない感じで少し困っています。
H-1Bのビザスタンプは飛ばせる可能性もあったのに。

爆!

まるで笑い話ですね!ドラッグストアのバイトの兄ちゃん、姉ちゃんは仕方ないにしても、プロの写真屋がね~。私は昔々の話なのでよく覚えてないですが、永住権の写真は、斜めの角度と耳を見せるのがうるさかったと思います。

写真といえば、うちの借家のある某市では、宣伝(家、買います)のビラを配るのに許可を取る必要があり、免許証のような写真を提出しなければなりません。(これも、自分のブログに書こう。)

なんちゃってプロといえば、弁護士もそうですね。とくに移民関係はぼったくっておいて「ダメでした」という話をよく聞きましたから。




No title

>なんちゃってプロといえば、弁護士もそうですね。

ですねえ。離婚のための弁護士の数よりも、弁護士のための離婚の数の方が断然多そうです。個人向けの税理士もかなり微妙ですよねぇ。特に非居住者の確定申告とか、イレギュラーな場合。まあ、一番ひどいのは不動産エージェントでしょうけどね!

No title

目の高さは写真の下辺から測って写真の高さの56-69%
ー 顔の長さは写真の高さの50-69%

むしろアメリカ人の仕事でこれをちゃんと判断してるのかという疑問がまず………

Re: No title

> むしろアメリカ人の仕事でこれをちゃんと判断してるのかという疑問がまず………

おそらく自動でやっているのでしょう。そうでなければ、やっていないに違いないw

Visa申請

かつて娘が当地の米国領事館でビザ申請をした時のことを思い出しました。
一回目: (担当官)「これとこれの書類がないですね、はい、出直して」(普通は専門の業者に書類の準備を依頼して事前チェックするらしいのですが、こちとらそんな知識もなく、ぶっつけ本番だったので、これはこちらの責任。)

二回目: (担当官)「今の学校(当地のアメリカンスクールの中学に在籍していた)で高校まであるのに、なんでアメリカに行くの? はい、却下。」意地悪されてるとしか思えん。

三回目: (担当官)「先週のchoirのコンサートで、ソロで歌った子だよね? うちの娘も同じ学年なんだけど、知ってる?」(娘)「はい、よく知ってます。親切ないい子ですね。」(実は知らなかった。三回目なので、14歳にして結構学習している。)(担当官)「はい、合格。がんばってね~」わけわからん。

No title

isaacさん:

外国人に人権はないですからね。米国では、タブーになる差別(人種、年齢、性別)、グレーゾン(宗教)、タブーにならない差別(職業、経済力、学歴、国籍)の差があからさまですね。

共和党が両院過半数と大統領を取れば、「外国人はバスでは後ろの方に乗るように」なんて法律も通りそうです。

写真

僕も先月ビザを更新したのですが、ビザの写真ってパスポートの写真とまったく同じサイズ・同じ規定では? 僕が申し込んだのは学生ビザ(F1)だったので、ひょっとしたらビザの種類によって写真のサイズが違うんでしょうか...?

なんにせよ、僕はオプション1(Walgreens)で万事うまく行きました。安そうなデジカメで適当な感じで撮られましたが、顔がきちんと適切な位置に来るよう、パソコンの画面で写真の枠の位置をずらしてからプリントし、カットしていました。デジタルファイルをCD-ROMに焼いてもらい、それをUSCISのウェブサイトにアップロードしたところそれで大丈夫でした。

プリントした写真も念のためビザ面接に持ってくるようにとの規定でしたが、アップロードしたものでOKだったらしく、プリントした写真はその場で返却されました。肌の色が実物とずいぶん違う感じに写った写真でしたが、たしかに白黒にしてしまったら何も分からない感じになりましたね。

ちなみに、F1のOPTの申し込みを先々月にやったのですが、その時にはCVSで撮ってもらいました。Walgreensよりも写りは良かったですが、パソコンで枠の位置をずらすようなことをしていたかどうかは不明です。

No title

>ビザの写真ってパスポートの写真とまったく同じサイズ・同じ規定では?

ルールは同じだったような気もしますが、審査の厳格さが違います。
私の住んでいる市はサービスレベルが異常に低い業者が多過ぎるような気がします。
まともな自動車修理工場も、まともな歯医者も、まだ見つかっていません。
自動車工場はもう諦めましたが(というか一件は州政府に苦情申し立て中)、
歯医者くらい、まともなところがあって欲しいところです。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。