スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


娘にオセロで負ける -- このエントリーを含むはてなブックマーク

一時、娘に算数を教えていたのだが、
あまり好きでも得意でもないようなので
昨年末頃に思い切ってやめて、
とりあえずテーブルゲームをやることにした。
算数は、学校で少し進んだら再開しようと思う。

オセロ、チェス、バックギャモン、将棋、はさみ将棋、
ダイヤモンドゲーム(アメリカではChinese Checkersと言う)などをやっている。
娘は基本的にパターン認識が苦手で思考速度も遅いので
ちょっとその頭を心配していたのだが、
なぜかゲームは結構強いので、最近は少し安心している。

ダイヤモンドゲームとバックギャモンは大人と互角の勝負をする。
ポーカーやバックギャモンのような確率的なゲームは娘は大抵好きだ。
将来、麻雀好きになることは間違いないと思っている。

そして、昨日ついにオセロで負けてしまった。
暗記系や運のゲームなどならともかく、
数学系の研究者が6歳の子供にオセロで負けるのは
かなり情けない感じがするが、娘の成長がうれしくもある。
ちなみに我が家の第一回リーグ戦の結果は以下の通り。

---------------------
勝  スコア  負
---------------------
娘  39ー25 自分
奴  50ー14 娘
自分 34ー30 奴
---------------------

最近、僕は奴にはほとんど負けていないのだが、何故か娘に負けた。
二人で研究しているので手を読まれやすいのかもしれない。
娘は序盤が正確で、きちんと一番いい場所に「中割り」してくるし
「辺」の確保も定石通りしっかり打ってくる。
終盤はまだ読みと経験が足りないようだ。
序盤が弱く終盤が強い「奴」とは正反対だ。

今回は全員1勝1敗というはっきりしない結果に終わったので、
大人げなく次回はきっちり2勝したい。
先日、本も買ったので、もう少し娘と研究して
少なくとも奴を2敗に追い込むという意気込みでやろうと思う。

スポンサーサイト


テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしさ

昔、祖父母とオセロや将棋を大真面目をやるのが大好きだったのを思い出します。
どうしても祖父には将棋が勝てなかった気がします。(3枚落ちとか4枚落ちでかろうじて勝たせて貰った気がします。
そして父と対決したときには・・・手抜きなしであっさり負けてしまうんですよね笑
あの頃、父親だけにはどうしても勝てなくて悔しかった思い出が・・・詰まってます笑

No title

デカロン専用の自動狩り製品が欲しいですか?
日本語バージョンで使いやすいg-botがあります。

設定画面はもちろん日本語,それで簡単にゲームを楽しむことができます。。
他のキャラクターが攻撃しているモンスターは
攻撃しないスチール防止機能もありますので安心して使えます。

Bot業界の独歩的なオートマウス製品でゲームを楽しんでください。
詳しい事項は次のアドレスで確認して見てね!
(www.automouse.jp)

No title

Dehmelさん:

僕が父親に将棋で勝ったのは小学校5年生の頃、祖父に勝ったのはもうちょっと後だったと思いました。娘には定石を教えているので上達が早いですが、自分で考えることも大事なので、そのバランスが難しいところです。

ちなみに、昨日やったら僕が勝ちました。運もありますね。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。