スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大数の法則と中心極限定理を恋愛小説風に語ってみる -- このエントリーを含むはてなブックマーク


拓也「ごめん、ちょっと遅れちゃったよ。課長が話し好きでさ。」

麻衣「いいのよ、私も今、一杯目のカクテル頼んだとこ。」

ウエイター「飲み物は何になさいますか?」

拓也「あ、僕はウォッカのロックで。」

麻衣「今週もお疲れ様!」

拓也「麻衣の方こそ、お疲れ様。今週はどうだった?何か変わったことあった?」

麻衣「いろいろあったけど、いつも通りだよ。インドに出した注文
   また納期遅れたけど、そんなのしょっちゅうだし。」

拓也「僕の方もぼちぼちかな。クライアントの希望する仕様が少し
  変更になって残業が少し増えそうだけど、よくあることだし。」

麻衣「・・・ねえ、拓也。」

拓也「なに?」

麻衣「こうして週末にバーで会うの、もう何回目かしら?」

拓也「そうだな、もう30回くらいにはなるかな。」

麻衣「私が拓也と会うときは、すごくテンション高い時もあるし、機嫌が悪い事もある。
   だから言い合いになっちゃたりすることもあるよね。」

拓也「そりゃあ、僕も麻衣も人間だからね。」

麻衣「でも、こうやって何十回も会ったのを今振り返ったら
   私はやっぱり拓也の事が好き。」

拓也「ありがとう。僕ももちろん麻衣のことが大好きだよ。」

麻衣「でも、毎週同じように会って、飽きたりしない?」

拓也「そんなことないよ。むしろ毎週会えることが僕は嬉しい。
   はじめて麻衣と会った時より、今の方がずっと麻衣のことが好きだ。」

麻衣「でもさ、私が今日実はすごい機嫌悪かったとするじゃん。
   それで、拓也に、何で遅れて来たの!、って言って怒って帰っちゃったらどうする?」

拓也「あれ、もしかして遅れて来た事、怒ってる?」

麻衣「いえ、あくまで仮定の話よ。」

拓也「じゃあそう信じることにして・・、そうだね、
   もし初めてのデートがそうだったら麻衣のことが嫌いになったかも知れない。」

麻衣「30回目ならOKなの?」

拓也「それはそうだよ。」

麻衣「どうして?」

拓也「だって、麻衣とは今まで30回も会って、麻衣が魅力的な人だって分かっているから。
   それが一度くらいうまく行かなくても、麻衣に対する気持ちは変わらないよ。」
   (↑大数の法則)

麻衣「なんか今の、すごく嬉しかった!でも、初めての時ってもっと気持ちが高ぶって、
   もっと、恋してるーって気分になるよね。」

拓也「それは、あくまで幸運な偶然に支えられてる部分があると思うんだよね。」

麻衣「どういうこと?」

拓也「もちろん僕は、麻衣を魅力的だと思ったから食事に誘った。
   それは初めて会ったときの印象が良かったからなんだけど、
   二人で会ってみたら合わなかった、ってこともありうるよね。」

麻衣「もしかして、私は地雷だったってこと?」

拓也「そうじゃないよ(笑)。ちょっと語弊があったかな。
   本当に魅力的な人だったら、また会いたいと思うことが多いだろう。
   でも、巡り合わせや第一印象の一部が幸運に支えられていたことも事実だ。
   でも何回も会ううちに、僕が麻衣に惹かれたのは単なる偶然じゃなくて、
   必然だったんだっていう確信に変わってきたということだよ。」

麻衣「相変わらず、語るねー。」

拓也「あ、自分ばっかり話してごめん。」

麻衣「別にそういう意味じゃないよ。ありがとう。」

拓也「ところで、麻衣はどうしてこんなおじさんばっかりいるバーが好きなの?」

麻衣「ちょっと、声大きいよっ。」

拓也「あ、ごめん、。」

麻衣「私ね、他にカップルがいるバーが嫌いなの。」

拓也「どうして?」

麻衣「付き合いの浅いうちって、自分たちの恋愛がすごくドラマチックな感じがするじゃない?(*1)
   でも長く付き合ううちに、現実が見えて来て、
   どのカップルも結局似たようなもんだなー、って。
   バーでお酒飲んで、
   レストランで食事して、
   彼氏の部屋に行って、
   時々は翌日ドライブにいって、
   友達呼んでBBQやテニスして、
   そのうち緊張しながら親に紹介して、
   雑誌見ながら個性的な結婚式計画して、
   バリあたりに新婚旅行に行って、
   たまひよ読みながら子育てして、
   フラット35で家買って、
   子供が大学出て
   苦労して就職して恋人でも見つけたら、また(*1)に戻るだけ。」

拓也「随分先まで読んだね・・。(*1)ってどこ?」

麻衣「文脈から判断しなさいよ。」

拓也「分かった。でもさ、それもまた必然だと思うんだよね。」

麻衣「どういうこと?」

拓也「もし一度しか会っていなかったら、その思い出は人によっていろいろだ。
   一緒にテニスをしたのか、合コンしたのか、仕事をしたのか、
   によってだって随分印象は変わるよね。
   でも何回も会った男女関係の形って結局そんなに変わらないんじゃないかな。」
   (↑中心極限定理)

麻衣「でも、映画やドラマの中だともっと劇的なことってあるじゃない?
   "今まで意識した事の無かった男性と、溺れた時に助けてくれたのをきっかけに結婚!"
   "順風満帆の結婚生活が夫の事業の行き詰まりと共に破綻!"とか。
   そういう人生って、やっぱり他の人とは違うと思うのよね。」

拓也「"両想いの二人だったが、ある日フィアンセが突然交通事故で死亡"とかね。」

麻衣「・・・・・。」

拓也「例えが良くなかったかな、。
   でも今迄の全てを覆すくらい本当に大きな出来事があれば、
   積み重ねた愛の姿も変わってしまうっていうことはあるよね。」
   (↑大数の法則、中心極限定理のモーメント条件)

麻衣「そんなことは滅多に起らないと信じるしかないわね。」

拓也「そうだね、きっと大丈夫だよ。」

麻衣「やっぱり、拓也の話って奥が深くて面白いわ。」

拓也「そうかな。」

麻衣「私、拓也に収束したくなっちゃった!」
スポンサーサイト


テーマ : 恋愛
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

No title

統計学が分からんのでわからんw

こう、じわっとクスクスっとくる

統計学はわからないのですが、今日のこの記事はすごく面白かったです。

今まで読むだけでコメントしたことはないのですが、
あまりにも面白くて他の人はなんてコメントしているんだろうと見てみたら、
「統計学が分からんのでわからんw」とあったので、
ついつい思わず書き込みしてしまいました。

***

significant otherのお話ですね。「ウォッカのロック」で酔った拓也のrandom walkへの展開が期待されます…。

No title

ナイスです!非常に面白いたとえで吹き出しました(笑)

No title

匿名さん、読者Aさん:

苦労して書いた割に、人口の95%超を占めるであろう二つの定理を知らない人にとっては「おいおい何のことだ?」となってしまうという、非常に効率の悪い物語ですね。

こ@さん:
つ、つづきですか…。考えていませんでした。

Dehmelさん:
どうもありがとうございます。全国の数学科の方に小ネタとして読んでもらいたいところです。

はじめまして

はじめまして,あまりに面白かったのでコメントしてしまいました。

大数の法則と中心極限定理の2つのフレーズから,こんなに面白いやりとりができるとは驚きです笑

次は,ルベーグ積分やマルコフ過程を恋愛風に語ってもらうと確率論好きとしては助かりますm(__)m

No title

North_Roomさん:

確かにルベーグ積分やマルコフ過程は何とかなりそうですね。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。