スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカの治安は本当に日本より悪いのか? -- このエントリーを含むはてなブックマーク

先日、ルーマニアで日本人女子大生が殺害された事もあって、
海外の治安に対する関心が高まっている。

少し探せば、犯罪率の国際比較をすることは簡単にできるが
全米一危険かも知れない大学に勤めている私が感じるのは、
国によって治安に対する感覚が違うということに
気付いていない人が多いのではないかということだ。
その結果、逆にリスクを過大評価していることもあるように思われる。

事始めに、単純に犯罪率を比べてみよう。
日本の凶悪犯罪(殺人、強姦、強盗、暴行)は
人口10万人あたり(以下全て同じ)で5.9件、
刑法犯総数は同じく1238件である(2010年警察庁調べ)。
一方、米国では凶悪犯罪が403件、総数が3466件(FBI)なので、
重犯罪に関しては約70倍、窃盗などを含む犯罪総数では約3倍弱ということになる。
こうして見ると、改めて米国は犯罪が多いことが分かる。

米国の犯罪についてみるときに注意しなければならないのは、
場所によって治安がかなり異なるということだ。
私は郊外のT市に住んで、車で25分ほどのデトロイト市に勤務しているが、
デトロイト市の凶悪犯罪が1887件、犯罪総数が5312件なのに対して、
T市の凶悪犯罪は74件、犯罪総数は2165件である。
少なくとも凶悪犯罪に関しては、地域によって非常に大きな差があることが分かる。
ただし、比較的犯罪の少ないT市でも発生率は日本の10倍を超えている。

これにはいくつかの理由がある。
もちろん、銃が規制されていないという面もあるし、
実際に凶暴な人が多いというのもあるだろう。
しかし、法的な意識がしっかりした米国の方が犯罪が実際に
報告される割合が高くなるという面も大きい。
例えば、日本で電車内の痴漢行為は相当な頻度で行われているが、
もしこれが報告されれば focible sex offence にあたるため、
凶悪犯罪とみなされる。
全例が、あるいは少なくとも米国並みにこれが報告されれば
日本の凶悪犯罪件数は統計上急増するだろう。
実際、日本の痴漢行為と同程度の犯罪が、
米国ではfocible sex offenceとして多数報告されている。

一方、凶悪でない犯罪の大半を占める窃盗などについてはどうだろうか。
統計上は、比較的治安の良いT市でも、2000件余と
日本全国平均の1200件余に比べてると若干多いように見える。
しかし、これは実際に住んだ時の実感とは大きく異なる。
感覚として、侵入窃盗に関しては米国は日本よりも安全だ。
犯罪率の違いは、報告率の違いを抜きに考えると、
主にリスクに対する許容度の違いではないかと思っている。

少なくとも私が住む地域には雨戸がある家はほぼないし、
窓に格子がはめてあるようなこともほとんどない。
窓に鉄格子がはめられるのは、シカゴやデトロイト市内の
貧困地域の一部など見るからに危険な地域だけだ。
玄関の鍵も極めて簡素なものでドアノブに鍵を差し込む形式のものである。
もし、日本に同じ様な家があったら即座に泥棒に入られるだろう。
日本では少し用心深い人は、
侵入可能な窓には格子をつけるか強化ガラスにし、
夜や少し遠くに出かける時は雨戸を閉め、
鍵はピッキングができない防犯性の高いものにしている。
しかし統計上日本より犯罪率が高い米国人はそれをしないで
状況を放置している人が多いのだ。
つまり、米国人は感覚的に、現在の犯罪率は許容範囲で
それより低くする必要はあまりないと考えているのではないか。

私の家の防犯性は他の家並みに低いが、
仮に不在中に強盗に入られても、盗んで意味があるのは、
マックと液晶テレビくらいだ。現金もほとんど置いていない。
侵入されるのは気味が悪いが実害はおそらくそれほど大きくならない。
他の多くの家も同様だろう。

先日、コンドの同じ区画内で、白昼堂々トラックを使って
オートバイを盗まれた人がいたが(しかも私は作業を見たような記憶があるのだが)、
その人は新しいバイクを買ってまたその場に置いている。

留守中に窃盗に入られるのは精神的にはショックだろうが、
米国人は、そこまで深刻に考えていない人が多いのではないか。

一方、一般的な日本人はというと、防犯対策を万全にしつつ、
冷凍庫にへそくりを100万円隠したりしている。

アメリカ人は実害が小さければあまり深刻に考えないのに対し、
日本人は不確実性そのものを嫌う傾向にあるのだろう。

どちらが賢い行動なのかは一概には言えないが、
単純に数字の比較だけでは分からない治安の違いもあるということだ。


余談だが、最後にデトロイトの治安に関する小咄を一つ。
A:「デトロイトって治安悪いの?」
B:「いや全然安全だよ。10年住んで車を2回盗まれただけだ。」
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

気になったので、数点質問させてください。

>しかし、法的な意識がしっかりした米国の方が犯罪が実際に
>報告される割合が高くなるという面も大きい。

アメリカの方が、日本より法的な意識がしっかりしているという根拠は何でしょうか?
また、法意識が高ければ、警察への報告する割合が高くなるという根拠はどこにありますか?

>例えば、日本で電車内の痴漢行為は相当な頻度で行われているが、
>もしこれが報告されれば focible sex offence にあたるため、
>凶悪犯罪とみなされる。
>全例が、あるいは少なくとも米国並みにこれが報告されれば
>日本の凶悪犯罪件数は統計上急増するだろう。
>実際、日本の痴漢行為と同程度の犯罪が、
>米国ではfocible sex offenceとして多数報告されている。

犯罪において、どこの国でも実数と統計に開きは出るかと思われますが、
アメリカでは開きが少なく、日本は開きが多いという根拠は一体どこにあるのでしょうか?

>日本では少し用心深い人は、
>侵入可能な窓には格子をつけるか強化ガラスにし、
>夜や少し遠くに出かける時は雨戸を閉め、
>鍵はピッキングができない防犯性の高いものにしている。
>しかし統計上日本より犯罪率が高い米国人はそれをしないで
>状況を放置している人が多いのだ。

日本人は窓に格子を付ける人が多く、アメリカ人は一切対策してない人が多いというのは本当ですか?
それを証明する資料はありますでしょうか?

それに、貴方はアメリカでは地域によって治安が異なると述べてますが、一方で日本は地域性を考慮せず、国全体で語ってますね。日本でも地域によって治安の感じ方はだいぶ異なるかと思いますが、それを考慮に入れない理由はないでしょうか?

No title

gingin1234さん:

まず理解して頂きたいのは、このエントリーの主旨は犯罪統計に現れる部分だけでは
治安を測る事ができないということです。その点、全く話が噛み合っていないなと感じ
ます。

米国のボストンやニューヨーク以外の地域では、そもそも痴漢行為をするような
電車自体がほとんど存在しないことはお分かり頂けるでしょう。
日米両方に住んだ女性にアンケート調査をすれば、米国の方が痴漢を含む
forcible sex offence が少ないことや、報告率が高い事は検証されるでしょうが、
その統計が無いからといって「根拠がない」と切り捨てるのであれば、重要な情報
を見逃すことになるでしょう。

なお、例えばOECDは、犯罪率と治安に対する不安の国際比較を出しており、
日本は犯罪率が米国等より低いのに、治安に対する不安は高いというデータを
出しています。

アメリカの住宅に窓の格子や雨戸が少ないのはほぼ間違いありません。
一度米国に住まれて見れば誰もそのことに疑問を持たないと思いますが、
それを裏付ける統計がどこにあるのかは知りません。恐らく住宅設備関連の
統計か、犯罪意識調査的なものがあれば立証出来るかもしれません。

米国は、地域性、特に同一都市圏内における治安格差が非常に大きい国です。
日米で比較可能な統計を探したところ、例えば、
強盗発生件数(人口10万人当たり)は、デトロイト市616件に対しT市10件です
(もっと低い市もあります)。
デトロイト都市圏の人口は440万人程度だと思いますが、これより大きな東京23区では
ざっと見たところ最高の新宿区が15件、最低の文京区が3.4件、武蔵野市まで行っても
3.0件です。
日本の官庁統計は非常に使いにくいので、きちんとした比較が面倒ですが、
治安格差が比べ物にならないことは分かって頂けると思います。

No title

はじめまして
話がかみあっていないのはWillyさんの表現が不十分なせいだと思いました。
私もgingin1234さんとまったく同じ感想を抱きました。また、Willyさんのコメントを読んでもまだ何を言いたいのかよくわかりません。

エントリーの主旨が「犯罪統計に現れる部分だけでは治安を測る事ができない」であるということは理解できますが、それを十分には表わせていないでしょというのが、我々の言いたいことであり、gingin1234さんは不十分な点を具体的に質問の形で投げかけておられるわけです。特に、本エントリでの副主題である、「侵入窃盗に関しては米国は日本よりも安全だ」という点については、表現が厳しくて申し訳ありませんが、説明に失敗しているようにしか見えません。
その点を解消するためにも、gingin1234さんの提示した疑問に是非真正面から答えていただきたく存じます。

いくつか捕捉します。
focible sex offenceの件はそういうことがありうるだろうと思います。しかし、だとするとそれを除いて比較する必要があるというだけの話です。あるいは、性犯罪については統計の取り方が違いますねという話で終わるだけです。本エントリの2つの主題には大きな影響を与えません。

細かなことですが、窃盗発生件数が日本全国平均「1200件余」というのは、「刑法犯総数は同じく1238件」と比べると多すぎませんか? あと、デトロイトの統計が2010年ということですが、日本の「1200件余」は2010年ではないですね。2010年だと1100件未満だと思いますよ。

コメントにおいて都内の強盗発生率を、デトロイトおよびT市の発生率と比較しておられますが、そのデータでは、強盗に関しては、(都会度がわかりませんが)T市は、大都会である都内と同等であるとしか言えず、安全であるとは到底言えません。
「侵入窃盗に関しては米国は日本よりも安全だ」をいうためには、窃盗の統計が必要ですし、また日本の方が窃盗についての暗数が多いことを示唆するデータをだすべきでしょう。
本文にて、日本と米国の住宅での対策の違いを挙げておられますが、lこれが暗数が多いことを示唆するデータでしょうか? しかし、それで言えるのは防犯意識の違いだけであり、「米国は日本よりも安全だ」ということについては何も言えません。

日本人が、実際の犯罪統計が小さいのに、犯罪に対する不安が大きい点については、調査結果がありますので、異論はありません。

No title

記事に説得力があるかどうかは読む方の判断ですので、
あまりない、材料不足である、
ということであればそれに異論はないのですが、
それ以外の点は一体何をそんなに反論されたいのでしょうか。
何か立場的、イデオロギー的な問題でもあるのでしょうか。

>だとするとそれを除いて比較する必要があるというだけの話です。

なぜ日本で多い性犯罪を除いて比較する必要があるのでしょう。
むしろ含めるべきだと思いますが。

>「侵入窃盗に関しては米国は日本よりも安全だ」
>をいうためには、窃盗の統計が必要ですし

「感覚的には」と文頭についているのに、それをわざわざ省いてまで
「窃盗の統計が必要」という主張をする理由はなんなのでしょう。

>強盗発生率

強盗犯罪率に関しては、コメント欄で述べている通り、米国では都市圏内の
犯罪率格差が大きいという例として述べているものです。窃盗に関して
T市(ミシガン州Troy市)が日本と比べて安全だとは主張していません。
「凶悪犯罪が日本の70倍である米国が、中流家庭が一般生活をする上では
70倍も危険なわけではない」ということはお分かり頂けるでしょう。

>窃盗発生件数が日本全国平均「1200件余」

確かにこれは、犯罪総数(出所:平成22年の犯罪情勢 - 警察庁)ですので
窃盗件数(10万人当たり)自体は、同資料では947件(2010年)です。
お詫びして訂正致します。同様にT市の統計も2000件あまりは
犯罪総数であり、窃盗件数に関しては同様にこれより若干少ないです。

Baruさんが統計の細かい点までご存知なことに驚いています。


もし警察関係者の方が拙ブログを読まれているのであれば、
日本の犯罪統計のデータをFBI並みに整理してウェブから利用しやすくして
頂きたいとお願いしておきたいです。
それによって、より公平、詳細な比較が可能になるでしょう。
また、Twitterに書きましたが、警視庁の市区町村別犯罪率データが
「転載不可」と書かれていますが、税金で作った統計をそのような
取り扱いにするのは望ましくないと考えます。

chikan to reipu ni tuite

返信ありがとうございます。

>なぜ日本で多い性犯罪を除いて比較する必要があるのでしょう。

日米の凶悪犯罪発生率比が70倍と非常に大きいことの説明要因として出したものですよね。
記憶だけで言っていますが、強姦は確か30件程度ではないでしょうか? 多めに50件として403件から引いても、60倍であり、まだ非常に大きく、説明要因としては不十分だろう、ということを言いたかったのです。
説明不足で申し訳ありませんでした。計算すればお分かりいただけると思っておりました。

それと痴_漢行為がアメリカでは凶悪犯罪に含まれるというのは確かですか?
非常に強い違和感があります。
オ ーラル強要を含むレ_イプが凶悪犯罪であることは間違いありません。しかし、よく知りませんが、痴_漢行為は、アメリカでもレ_イプには分類されないだろうし、おそらく凶悪犯罪ではないと思うのですが。

取り急ぎ、上記の点だけコメントします。
ご確認いただければ幸いです。

#これを投稿するのにいささか苦労しました。NGワードがあるんですね。

No title

いま思いつきましたが、もしかして暴行罪のほうに含まれるのでしょうか?
だとすると、性犯罪の暗数の日米の違いを仮に2~3倍程度あるとすると、もしかすると10倍程度にまで縮まるかもしれませんね。

それと、70倍という数字がなんとなく大きすぎるような気がします。よく覚えていませんが、もっと小さくて、20倍程度だったような気がします。

電車内の痴漢行為など

1)満員電車内の痴漢行為は、先進国では、日本だけに多く、根源は、鉄道会社の「怠慢」によるもと言われている。したがって、今回の日米犯罪比較から除外すべき。
2)日本の地域別犯罪統計について。不動産取引価格などへの影響から、日本の治安当局が「配慮」して、統計を操作していないか?そもそも疑わしい。

No title

Baruさん:

まずForcible rapeを除いた凶悪犯罪件数について日本の方が米国よりかなり少ない、
ということは承知しています。しかし、それを除いて比べること自体が恣意的では
ないですか。例えば、今回のご指摘をアメリカ人にどう説明しますか?
「日本は電車バス内での報告されない focebile rape は多いと推測されるけど、
その問題を除いたら凶悪犯罪が少ない。」という感じになりますね。
男性や痴漢OKの女性でないとあまり安心な感じがしないのですが。

FBI統計が痴漢行為に対してどのような位置づけになっているかですが、
forcible rape の定義は、

"Forcible rape, as defined in the FBI’s Uniform Crime Reporting (UCR) Program,
is the carnal knowledge of a female forcibly and against her will. Attempts
or assaults to commit rape by force or threat of force are also included"

となっており、行為が未遂であったとしても含まれます。
また、今年1月の司法省の見解によると、forcible rapeの定義はより詳細に、

“The penetration, no matter how slight, of the vagina or anus with
any body part or object, or oral penetration by a sex organ of
another person, without the consent of the victim.”

と変更されており、生々しい表現のため和訳は避けますが、悪質な痴漢行為、あるいは
それに繋がる試みであれば、例え服の上から手であってもこのカテゴリーに分類される
可能性が高い事ことが分かります。

なお私が知る限り、FBIが集計している"crime"の分類は violent と property だけです。
各州の警察が検挙したが、二つの分類のどちらにも含まれない(集計されない)
ものは存在するでしょう。

No title

snowbees:

直球で言うとそういうことになりますね。

要するに、警察は1)だと主張したいわけで、一方の鉄道会社もこの件が話題化する事自体を避けたいわけです。だから、犯罪統計から痴漢は除かれるのです。

2)はあるでしょうね。教育統計はもっと露骨ですが。そんなことをしても国民のためにはならないのに。治安を重視したい人は安全な地域に、危なくても家賃が安くてドラッグが買える地域に住みたい人は危険な地域に、集めておけばいいんです。そういえばデトロイトには、「二人の乱暴者が殺し合いで死んだ。これは良いニュース。市が若干安全になったから。」という小咄もありました。

No title

Willyさん
今日は時間ががちょっとないので、データについてのみ、言及します。

Wikipedia日本語版の「日本の犯罪と治安」「アメリカ合衆国の犯罪と治安」という項にデータが載っていました。
残念ながら日本のは2007年までしか載っていません。

そのデータから判断すると、最初にお書きになった日本の5.9件というのは、傷害と強制わいせつを含まない数値ですね。

それらを含むと、2007年で37.79件です。
うち、強姦+強制わいせつが、7.38件ですね。

それから、「警視庁の市区町村別犯罪率データが「転載不可」と書かれています」とのことですが、そんなのを見たことがありません。最近は見ていないのですが、3年ほど前はいろいろみました。が、転載不可という注意事項をみたことがありません。ちょっと見てみたいので、どこに載っていたか教えてもらえませんか?

と書いたところで、興味が出てきたので、警察庁のサイトで調べましたが、やっぱり見つかりませんでした。

ついでに、2010年の統計を調べました。数値は率ではなく、件数です。
殺人:1067
強盗:4029
放火:1191
強姦:1289
傷害:26547
強制わいせつ:6870

No title

Baruさん:

確かに、米国の基準と近いものを採用すると、
強制わいせつと傷害を含む必要があるので、おっしゃる件数が正しいように見えますね。
したがって、米国のviolent crimeは日本の約10倍ということになるでしょうか。
後でエントリーの修正をさせて頂くかもしれません。

>警視庁の市区町村別犯罪率データが「転載不可」

下記のページにあるデータが「禁転載」となっています。
「禁転載」が何を意味しているのかはっきりしませんが。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/keiho/keiho.htm

No title

私が不思議に思うのはアメリカでは富裕層が郊外というか僻地に住みますよね?あれって泥棒にとっては最高の獲物だと感じるんですけど、アメリカは銃社会だから泥棒って少ないのでしょうか?

No title

立証はできませんが、銃社会なので侵入犯が少ないというのはあると思います。

富裕層が郊外に住むのは、やはり車社会だからでしょうね。
遠く離れた郊外には、少なくとも車を持っていない人は入ってくることができません。
鉄道の建設にも、同様の理由で反対する人が多いようです。
その結果、都市圏内の犯罪率格差も大きくなるのではないかと。
取り締まりも、犯罪率が高いところの方が緩いということがあるようですね。

日本人の犯罪意識

「法的な意識がしっかりした米国の方が犯罪が実際に報告される割合が高くなる」という点ですが.

日本の場合,検察,警察が大きな裁量を有している,というのもありそうですね.欧米では,警察官が犯罪を自己の裁量で処理するということはない,といいますか,そもそも犯罪であるか否かを判断しない (それは裁判所の仕事) ,という話は聞きます.日本人からすると,極めて事務的に通報があれば逮捕して,裁判所に送るらしいですが.

日本では様々な理由で犯罪が見逃されている,というのはありそうな話だと思います.最近だと,「いじめ」が犯罪として報告されるようになったというのが話題ですが,以前は報告されていなかったということでしょうし.

また,以下のような話もありました.日本は「身内の暴力」には甘いという話.

----
4.犯罪加害者にならないために

特に家庭内での下記の出来事に注意しましょう。日米の文化の違いは理由になりません。

(1)夫婦げんか
日本では、「夫婦げんかは犬も食わない」と言われますが、当地では、例え夫婦げんかであっても暴力を振るった場合、ドメスティック・バイオレンスとして警察に逮捕されるなど厳重に処罰されます。暴力に至らなくても悪意の無視や怒鳴りつけたりすることも犯罪視されることがあります。

(2)児童虐待
子供に対する暴力は、例えしつけのつもりであっても警察に逮捕されるなど厳重に処分されることがあります。児童を自宅、ホテル、自動車内などに置き去りにしたりしても同様です。

安全の手引き 在ホノルル日本国総領事館
http://www.anzen.mofa.go.jp/manual/honolulu.html
----

No title

ronさん:

夫婦喧嘩や子供を叩いたりすることは暴力にあたる、ということは在米日本人の
間ではわりと周知されているように思いますが、旅行で来る方なども注意する
必要がありそうですね。

No title

都市の人口密度が上がると
(1)それそを利用した犯罪が増える(スリ、ひったくり、日本の電車の痴漢など)
(2)一般に人が警戒感を持って、あまりリラックスできない
(3)同じ都市で起きた犯罪を皆が身近に感じる
そういう要素があるんじゃないでしょうか?

アメリカも人口密度の高いNYCは、住民も警戒感・テンション高いですよね。NYC以外のアメリカのの都市になると、人口密度は東京の足元にも及ばないので、一部の治安の悪い地域を除けば(そしてそれを避ける土地勘と経済力があれば)、意外とリラックスして暮らしているのかもしれません。

犯罪率と人の警戒心が必ずしも相関しないのも、その辺りに原因があるのかも。どちらを指して治安と呼ぶのかは分かりませんが。

私もアメリカの治安の良い郊外の町に住んでいて、換気に窓開けたまま外出したり、裏の戸の鍵を掛けずに近所に買い物に行ったりしてます。近所の人も似たようなもんですが、東京から来た家族・友人が「無用心だ!東京では考えられない」と驚いていました。

No title

のあさん:

人口密度が犯罪率のみならず体感の治安に関係するのでは?、というのは確かにもっともらしいですね。デトロイト市は人口流出が進んで、もはや犯罪率上位を維持するのは難しいのでは、とよく感じますw

日本は無法国家

無法国家だから法律違反であることさえ意識できない。
奴隷化教育によって権利感覚が麻痺しているから権利侵害を感じ取ることができない。
権利侵害されても犯罪として声をあげることができない。
脅迫政治だから犯罪報告も抑制される。
告訴、告発しても警察、検察が受理しない。恣意的な不受理、不起訴、起訴猶予が多い。受理されないとわかれば告訴告発が抑圧される悪循環。
://goo.gl/kfDqH
://goo.gl/2voBp

アメリカでは犯罪者が告訴する場合の手続きはどのようになっているのでしょうか。
告訴状を受理しないなどということがアメリカでもありうるのでしょうか。
①告訴状の提出→②告訴状受理通知書の発行(機械的に)→③告訴状の内容是非検討
というのが公正な手続きと考えられるのですが日本では②の受理通知がなく、放置状態のままです。
②の手続きが諸外国ではどうなっているかということを調べています。

No title

月山さん:

>告訴状を受理しないなどということがアメリカでもありうるのでしょうか。

よく知りません。すみません。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。