スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プロ野球の順位をシミュレーションしてみる -- このエントリーを含むはてなブックマーク

日本のプロ野球のペナントレースも終盤に入っている。
一般的には、ゲーム差とか、マジックとかいった指標が優勝を占うために使われているが、
今日は、残り試合を全部シミュレーションして各チームの順位を予測してみた。
(2012年9月15日終了時点)

別に好きでも嫌いでもないが、どうやら巨人は99.99%
(10000回のシミューレションのうち9999回) 優勝ということらしい。
パ・リーグはまだ混戦である。

評判が良ければ、今後も(気が向いた時に)更新するので下の拍手を押して下さい。

120915野球


<シミュレーションの前提:>

今後の全ての試合で両チームの勝率を同一とし、
引き分けの確率は今シーズンの両リーグの平均から算出。
試行回数は、10000回。
簡便なリサンプリングの結果、誤差は概ね ±0.5% 以下程度。
ただし、値が50%に近いものの方がおおむね誤差が大きい。

<同率の場合の順位決定方法:>

(セ・リーグ)
1) 勝ち数が多い方が上位。
2) 同勝数の場合は直接対決で勝ち数が多い方が上位。
3) 直接対決が五分の場合は昨年順位が上位のチームが上位。
(ただし計算の都合上、3チーム以上が同率の場合は乱数によって順位を決定。)

(パ・リーグ)
1) パ・リーグ内の勝率が高い方が上位。
2) リーグ内で同率の場合は、昨年順位が上位のチームが上位。
スポンサーサイト


テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セ・リーグは1,2位争い、Aクラス争い、最下位争いの3枠揃いですね。
パ・リーグみたいにセ・リーグも優勝争いが激しくなって欲しいです。(戦力的に見れば圧倒的に巨人が勝つに決まってるんですが・・・。

No title

近年は、クライマックス・シリーズとかできて、消化試合はだいぶ減りましたね。
それでも出来てしまった時は、なんらか手を打つべきでしょう。

No title

楽しそうです:D
私が以前にこういう遊びをした時は、ペナントレース開始時は昨年度の勝率を基にして、試合数が増えるにつれて今年度の勝率を考慮するウェイトをあげていくみたいな簡単な考えで、かなり少ない試合数のうちから順位があたったと記憶しています。
もちろん、たまたまかもしれないですが、日本はペナントレース中に選手の交換とかも少ないし、意外と今でもうまくいくのではないかと思ったりします。

Re: No title

折り紙さん:

取りあえずもっともシンプルなものからはじめ、
今後、モデルを精緻化していくというのが目標です。
時系列モデルを使っていきたいのですが、
プロ野球のデータは時系列でうまくまとまっていないものが多いので
データ処理の方に苦労しそうです。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。