スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国人とどう付き合うか -- このエントリーを含むはてなブックマーク

尖閣諸島で揉めている日中の感情的対立は過去最高の水準に達している。
一方で、経済的な日中の結びつきも過去最高に達しており、
これから日本人が中国人とどう付き合うかは大きな課題だ。

私のやっている統計学は、おそらく中国人の比率が最も高い学術分野の一つで
北米の国際学会でさえ、中国人や中華系の参加者の数は全体の半数に近い。
そして私が5年間学んだW大M校の統計学科は、伝統的に中国人が多く、
博士レベルのコースを取れば、中国人が8割超ということも珍しくない。
アドバイザーや研究室の仲間もみな中国人だったし、
一緒に働いた中国人、指導した中国人も数多い。
娘の学校の知り合いにも中国人は何人もいる。
北米に来た8年間で中国人の知人は50人近くに達するし、
これからも彼らと一緒に仕事をしていくことは避けて通れない。
そこで、私は香港を除けば中国に行ったことはないけれども、
米国での経験をもとに
中国人は個人レベルの付き合いでどう振る舞うのか、
そして日本人は中国人とこれからどう付き合って行くべきか、
ということを少し書いてみたい。


まず、一番言いたい事は、
中国人は非常にフレキシブルである、ということである。
これは英語の掲示板で「日本人は賢いんだけどフレキシブルではない」
とアメリカ人が書いているのを読んで明確に意識したことだ。
あるいは批判的に捉えたいならば、ご都合主義と言っても良い。

例えば、大学で授業を教える際にも、
外国人の講師にはいろいろなこだわりがあるのが普通だ。
多くの国の数学教育は少なくとも修士までのレベルにおいて
米国より優れていると思うし、米国でも自分のスタイルを
通したいという意識が働くせいだろう。
フランス人は自分達の教育方法に自信を持っているし、
日本人やベトナム人なども、控えめながら自分たちの
やりかたに固執しているように見える。
一方で、中国人は一般的にそうした方法論についてこだわりがない。
米国人が好む方法で文句を言われないならば、
それでやっておけば良い、というスタンスを取る。
彼らは基本的に教育に熱意も関心も薄い場合が多いように感じるが、
それでも投入した労働量の割りには
問題の発生を比較的抑えているように思える。

日本に密接な問題を考えてもそうだ。
中国は国を挙げて反日教育で子供を洗脳し、
反日デモでは日本車が焼き討ちにあっているにも拘らず、
どうしてあれだけ日本製品が売れているのか考えたことがあるだろうか。
これは、それだけ彼らがフレキシブル、あるいはご都合主義である
ことを示している。
もし逆の立場だったら、日本人は中国製の車など決して買わないだろう。
実際、米国や欧州でこれだけ売れている韓国車や韓国の電気製品が
日本ではいまだに苦戦しているというのは、
根強い嫌韓ムードの感情や社会的圧力によるものが大きいだろう。

そうした点を鑑みると、
中国人の反日感情が強いからといって
全ての交流を諦めるのは良策ではないということだ。
特に個人レベルの関係においては、
まずは友好的に歩み寄り、それが上手く行かない場合は
善後策を考えるというスタンスが良い。

状況をこじらせているのは、
中国人はもともと他人に対して愛想が悪い人が多いということだ。
これは文化的な面が大きいのだろう。
そして、個人差はあるものの全般的にいってマナーも良くない。
これは発展途上国としての側面を考えると致し方ない面もある。
しかし一旦親密になれば、親切な人も結構多い。
感情的には少し不愉快かも知れないが、
初めは日本人から友好的に語りかけるしかないという面がある。



もう一つ大事だと思うことは、
中国人は上下関係や立場を非常に重んじるということである。
大学院時代も、個人差はあるものの
中国人の上級生、同級生、下級生の私に対する態度は全く異なったし、
中国人学生が教員としての私に接する態度は更に異なる。
また教員同士の人間関係においても、
ランクの高い教授と後から入って来た助教では
私に対する接し方が傾向としてみれば全く異なる。

私は院生時代に学科長に頼んで非常勤講師をやったことがあり、
その時に二人の中国人TAがついたのだが
そのうち一人のTAは非常に問題があった。
真実が一つしか無い数学のような分野においても、
複数の定義や記法がありうる場合にはTAが講師に合わせなければならない
ということは明確にルールとして決められているのだが、
彼女は自分で勝手な方法で教えて学生を混乱させ、
命じられた仕事も、勉強が忙しいから、とか面倒だから、
というような理由で断ったりしたのである。
これはもちろん、彼女の人格的な問題に起因するところが大きいと思うのだが、
その話を聞いた韓国人の友人の解釈は異なっていた。

「彼女は、WillyよりもTAを長くやっているでしょ?
だから自分のやり方でやっていいと思ってるんだよ。
もう一人のTAは新入生だから真面目で一生懸命でしょ。」

というのだ。
(ちなみに、このケースでは私の方が年齢と在学年数は上であった。)

中国人は上下関係を決める上では、
他の国ではやってはいけない方法で中華文化を持ち込むことが多くある。
例えば、米国では姓を呼び捨てにすることはマナーの上であり得ないが、
「中国人で目上の立場にある人」というケースに限っては、
姓を呼び捨てにしてくることがある。

例えば、韓国は年齢による上下関係が非常に厳しい社会だが
韓国人は米国社会においてはそれが通用しないということを知っているので
他の国の人に対しては年齢によらず同じように接しようと努める。
インドは厳しいカースト制を持つが、例えば外国人との交際
に際してはあまり拘らないことが多いようだ。
しかし、多くの面でフレキシブルな中国人も、
どうやら上下関係の肌感覚という点では
他の文化の人に対して、非常に違和感のある振る舞いをしてしまうようだ。

現在の日中の経済関係を考えると、どちらの国においても、
日本人が中国人上司の下で働く状況は、
その逆のケースに比べて圧倒的に少ないだろう。
しかし、そうしたことになった場合は注意する必要がある。
それが中華文化の圏外であれば、譲れない一線を強く主張する必要があるし、
中華文化の圏内であれば、より難しい対応を迫られるだろう。



政治的に「反日教育をするすぐ隣りの大国」が日本にとって
やっかいな存在であることは間違いないが、
これだけグローバル化した世界において
日本人が中国人と付き合わずに済むということはあり得ない。
彼らが持つネットワークに食い込むことは極めて重要だ。

多くの問題を抱える国の国民と仲良くするのは簡単ではないが、
例えば日本に住む中国人の中には
少なくとも日本が大嫌いな人は少ないだろうし
日本語を話せる人も多いだろう。
まずは、難易度の低い彼らともう少しコミニュケーションを
とることからはじめてはどうだろう。
スポンサーサイト


テーマ : 中国問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> 反日デモでは日本車が焼き討ちにあっているにも拘らず、どうしてあれだけ日本製品が売れているのか考えたことがあるだろうか。

いや、あれから日本車の中国での売上が10%前後も下落してるんですが。


> 根強い嫌韓ムードの感情や社会的圧力によるものが大きいだろう。

えーと。最近ではHDDやディスプレイでは、もう結構、韓国製も売れておりますが。
価格.comでも、韓国メーカーは割りと上位に位置してます。少なくとも米国メーカーと肩を並べてます。
売れてないのは、せいぜいが自動車分野で、家電で売れてないのは、まだ韓国メーカーが進出してきてない家電というだけです。

No title

匿名さん:

日本車の売り上げは既に50%減だったと思いますが、むしろ、未だにそんなに売れてる方が驚愕じゃないですか?

家電の方は日本に住んでいるとレベル感が違うのでしょうね。米国だと、日本製PC用のディスプレイはずいぶん前から「探しても買えないレベル」です。テレビもそうなりつつあります。先日、Target (日本でいうイトーヨーカドーのような店)でテレビをみたら、20〜30台展示してあったテレビのうち日本製は1つか2つでした。サムスンなどは日本では売れなくて過去に撤退していますよね。

全くその通りですが

一つ追加いたします。
彼らはどのような局面でも必ず同朋、異邦人によらず初対面の人物に仕掛けます、その結果で相手の人物の自分なりのランクを決定します。一度決まってしまうとひっくり返すのは大変。
日本人にとっては苦手なハッタリも大事なことなんですが、それが分かっていない日本人だらけです。

No title

常無常人さん:

あまりそういう風に感じた事はないですがそういう面もあるんでしょうかね。
基本的に、こちらから話しかけない限り接点があまりできない、
というイメージがありますが。

私の経験は

大陸20年、大なり小なりビジネス・シテュエーション背景なのでよりkeenなのかもしれませんね。

No title

常無常人さん:

なるほど。商売相手としての中国人との付き合い方はまた違うでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 助かりました

どうもはじめまして。

私は中国語聞くのは別に構わないんですが、
他の国の人が話に入ってる時に中国語で話しだすのには閉口しますね。
言葉というよりマナーの問題ではないかと。
韓国人は他の国の人がいると、取りあえず英語使うイメージがありますが、
そうでもないんですかね。

これから寒くなりますが、勉強頑張って下さい。
ミシガンの冬は、ウィスコンシンから来ると暖かく感じます(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>反日デモでは日本車が焼き討ちにあっているにも拘らず、
それについては恐らく海外勢力の煽りがあるからですよ

>中国人の反日感情が強いからといって
まあ、2chの反中スレなどが中国語にいっぱい訳されたからそれを見てますます…以下略。

>政治的に「反日教育をするすぐ隣りの大国」が日本にとって
>やっかいな存在であることは間違いないが、

中国人に反日教育の実態を訊くのはどうでしょう(w)

No title

>中国人に反日教育の実態を訊くのはどうでしょう(w)

これ、やりたいんですけど、なかなか難しいんですよね。
学生時代、同級生はアジアの人が多かったですが、
そういう話題には触れないようにするというのが不文律のような感じになっていました。

中国人の同級生は若い人が多くて勉強はすごく出来る人もいたわけですが、
何年も調査の仕事をして社会を見て来た自分と話のレベルが合う人が
少なかったというのもあります。
中国の政府や金融機関関係者などの知り合いが欲しいです。

今は、教員なので立場上、学生にそういう話はできませんし、
教員同士だとまた人間関係がありますからね。

yx_whさんは中国本土の方ですか。
一度、中国人の日本に対する感覚を聞いてみたいという気はします
(私は中国語を話せませんが)。

2ちゃんは、ほぼネットウヨ(右翼)に乗っ取られていますから、
日本の平均的な世論とはだいぶ乖離していると思います。
それを中国の方が翻訳して読んでいるということは、
ネットウヨはずいぶん世論に影響を与えることに成功しているわけですね。

No title

Willyさん:

はい、私は中国人です。湖北省出身です。
2ちゃんの翻訳の1例を挙げます(日中対訳):
http://www.ltaaa.com/bbs/thread-107378-1-1.html
2chがうよ中心で平均的な世論と乖離なのは昔聞いたことありますけど…(なんか2chの政治板は中国の鉄血網と雰囲気が似ています?…)。
日本のことをもっと正確にわかるにはやっぱり日本語を知らなければなりませんね。

残念ですが、私は政府や金融機関などと関係ありません。親は官公庁につとめている人ですが、公務員ではありません。

>そういう話題には触れないようにするというのが不文律
なるほど〜確かにこういう話題は言いがたいですね〜。
まあ、ここでわたしの受けた歴史教育について話します。

中国の学校での歴史教育は、古代史より、近現代史を遥かに重視します。元寇はともかく(書かれない)、モンゴルの中国攻略もとても簡略的にかかれます。その代わりに、近現代史の内容は相対的に豊富です。それに、大学入試も近現代史の問題だけが歴史試験に出ます。
(田中眞紀子さんの発言を見ると、日本の歴史教育は近現代史より古代史を重視するみたい?)
中国近現代史の教科書を要約しますと
(1):清朝が列強に次々と不平等条約を強要され、人民が蹂躙された歴史。
(2):孫文ら三民主義者が中華民国を建国したが、また列強に蹂躙された歴史。
(3):毛沢東らマルクス主義者が人民共和国を建国し、もう列強に蹂躙されることのない歴史と、鄧小平らが改革開放を打ち出し、中国が著しい発展を遂げた歴史。
の3点にすることができます。
そしてその3点から導かれし公式結論は「社会主義だけが中国を救うことが出来、社会主義だけが中国を発展させることが出来る」という事です。
勿論(1)と(2)を論ずるとき、「帝国主義の侵略」というのはいつも出てくるもので、「反帝教育」と言っても差し支えないでしょう。だが、教科書では「その国の帝国主義者と人民を分別しなければならない」と書いて有りますから、それを「国が反日教育をする」というのは妥当とは言いがたいと思います。
(まあ、「15年戦争」の歴史が「反日教育」だったら、「アヘン戦争」の歴史は「反英教育」と言えるかな?「清仏戦争」の歴史が「反仏教育」と言えるかな?北京条約で沿海州を割譲したというのは「反露教育」と言えるかな?)

以上は歴史教科書の見解。
民間なら人それぞれですよ。日本を大変嫌いな人(例えば、じいちゃんが旧日本軍に殺されたとか)もいれば、アニメなどのおかげで日本文化に興味を抱き始めた人も居り、その上に日本に傾倒して日本に留学する人も居り、更に自分のブログで「せんかくはにほんこゆうのりょうど」と言い張る人もいます。「中国は貧富の差が激しい」と言いますけど、実は「ところどころの差が激しい」です。「五毛党」「美分党」はまさにその例です。(さっきググッて見ると、日本語での「五毛党」の紹介記事がありますが、http://www.toho-shoten.co.jp/chinanet/cn201103.html 「美分党」の紹介記事がないみたいです。そしてその「五毛党」の紹介はまだまだ不十分であり【「自干五」の紹介がないとか】、中国の全体像を捉えるには難しいと思います。)

抗日ドラマなら近年たくさん出ました。強いて言えば、『坂の上の雲』で日露戦争が出るのと同じと言えるかな?

>一度、中国人の日本に対する感覚を聞いてみたいという気はします。

「中国では人それぞれ」だから、私の意見も一部の人しか代表できませんよ。私自身なら、知日派と言えるかな?もっと正確に言うと、日本を知ろうとする派かな?

No title

フレキシブルって、現代中国では「弁証法的にものを考える」って言いますね〜

No title

なるほど、大変勉強になります。
普通の日本人は中国でどんな歴史教育をしているかなんて知らないので。

日本の公立学校は左翼的ですので
基本的には「第二次大戦は日本が全面的に悪い」と教えらましたが、
重点は「戦争=悪」というところに置かれています。
もっとも、国内の政治的な議論を避けるために
1900年以降は(時間が足りない事にして)
あまり教えない、というのが実態です。

日本語でブログでもお書きになってはいかがでしょう。
日本語でブログ書いてる中国人の数は非常に少ない様な気がするので、
面白いエントリーを書けば影響力は絶大だと思いますよ。
炎上することもあるかも知れませんが、
ブログって炎上した方が読む人増えますからね...

No title

コメントありがとう。
よく考えてみると、13億人がいる中国大陸では、たとえ1%の日本好きがいたとしても、それは1300万人であり、親日的だと言われている台湾の汎緑(ja.wikipedia.org/wiki/泛緑連盟)人口に近いです。
だから、その1%を見て中国人は全部そうだったと思うのはごめんです。
ジョセフ・S・ナイ曰く「中国のネットをのぞいてみれば、ナショナリズムの高まりがよくわかる。その一部は、国の指導者による操作の結果だ。しかし《大部分は、政府による操作とは無関係に》国民の間に芽生えたものだ。」(toyokeizai.net/articles/-/11762)
私も同意見です。

また、海外のメディアから中国の全体像をよく把握するのは難しいと思います。
たとえば
「莫言 ノーベル賞」をキーワードにしてGoogleで検索すれば
「ノーベル賞作家の莫言氏は体制派か」(sankei.jp.msn.com/world/news/121020/chn12102007000000-n1.htm)
「莫言氏へのノーベル賞、「大失敗」と独女性作家」(www.yomiuri.co.jp/world/news/20121125-OYT1T00499.htm)
などが出ており、彼が書いた作品のタイトル・内容などは出てません。体制派か反体制派かだけに絞ってると、彼自身の思想が見えなくなる虞があります。政治思想を持たない作家など存在しませんが、政治思想だけ書いて作家に成れる者もおそらくいません。
全体像を把握するには海外のメディア《だけ》でなく、中国本土のメディアもみないとダメだと思います。
そして本土のメディアでも、体制派の『人民日報』と自由派の『南方週末』の併読はおすすめ。
作家なら賈平凹・莫言ら郷土派作家《だけ》を見てもだめかな。魯迅やら趙樹理やらはさておいて、ホワイトカラーの生活を描く六六、自由派の代言人である王小波、武侠小説を代表する金庸、中華圏SF小説の第一人者とも言える劉慈欣とか…

うちの図書館には岩波書店の日本近現代史の一部が所蔵しています。加藤陽子の本のできはいいです。まあ、私自身はマルクス主義者だから、勿論(日本ブルジョアが牛耳る)「大東亜共栄圏」には反対しますけど、細部のない主張はただの主張です。誰でも主張というものを持ちますが、世界を変える主張は単に口から出るだけのものではありません。だから私もこれから史実についてもっと調べる必要があります。
(www.amazon.co.jp/満州事変から日中戦争へ―シリーズ日本近現代史〈5〉-岩波新書-加藤-陽子/dp/4004310466/ )

>重点は「戦争=悪」というところに置かれています。
まあ、「非攻」を唱える墨子だって戦争を正義な「誅」と正義なき「攻」に分けて考えます。(子墨子曰:「子未察吾言之類,未明其故者也。彼非所謂攻,謂誅也。 ctext.org/mozi/zh?searchu=彼非所謂攻 )
クラウゼヴィッツは「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である」と言っている。「戦争は悪」なら「政治も悪」ですか?なぜあの時、日本が負けるかというと、まず日本の政治が狂ったからだと思います。ていうか私はまた支配者に心配を掛け過ぎます…

www.amazon.cn/欧姆社学习漫画-漫画统计学-高桥信/dp/B002P3OCMC

>日本語でブログでもお書きになってはいかがでしょう。
私は化学専攻で、日本語は趣味でやってますから時間的には無理かもしれません。時々、ウィキペディア日本語版で翻訳をやってますけど。例えば ja.wikipedia.org/wiki/三体
中華圏のオタク話なら、このブログは参考になれるかもしれません:
blog.livedoor.jp/kashikou/

No title

ある国の全体像を海外のメディアから把握するのは難しいでしょうね。
中国は特にそうでしょう。同様に、数少ない個人から国の全体像を把握するのも難しい。
だからこそ、もっともっと情報が言葉の壁を越えると良いと思っています。

>まあ、「非攻」を唱える墨子だって戦争を正義な「誅」と正義なき「攻」に分けて考えます。

なるほど。
しかし、驚くべきことに戦後の日本の教育では、
戦争を"正義な「誅」"とみなすことは一切ありませんでした。
政治が戦争をする決定をすれば、無条件に「悪」ということになりますね。

イラクがクウェートに侵攻した90年に私は中学生だったのですが、
「国のために国民が戦わなくてはならないこともある。」
と高校入試の面接で言ったら、面接官に
「君の考え方は珍しいね」と言われました。

奇しくも、この戦争で日本が国際社会から感謝されなかったことが、
戦後の日本の世論の転換点になったのですけどね。

No title

興味深かったです。あと、コメントされたものも非常におもしろかったです。
歴史の教え方、ってほんとにおもしろいですよね。どこの国も歪んでいる。でも、教科書が間違っているかもしれないよ、なんてことは先生は教えてくれないから、教えられたことをそのまま覚えて、それが正しいと信じて大きくなりました。
27歳でアメリカに来て、翌年ロンドンに2ヶ月ほど住んだのですが、そこで始めて、その歴史教育などのカルチャーショックにあいました。日本には軍隊がないと言ったところ「日本は世界で3番目に強い軍備があるのを知っているか。戦闘機は○○台・・・などなど」
その後短大を卒業後に英語があまりにできないのでハーバードのサマースクールに通っていて、韓国人に怒鳴られました。広島と長崎の話をしたと思ったのですが、なにぶんお互いがへたくそな英語のせいか、多分誤解されたんだと思うのですが、
「オマエは伊藤博文が何をしたか知っているのか」
みたいな内容だったと思います。
W大M校に編入したころは、もう韓国人にはあまり近づかない自分がいましたが、一方で妙にフレンドリーな台湾人に大勢会って驚きました。「日本人が嫌いではないのか?」みたいな。そして台湾人と中国人の関係もなかなか興味深かったです。
なんかコメントというより自分のことばかり書いてすみません。
そうそう、去年5年生の歴史の授業をのぞくことができたのですが、おもしろいな、って思ったのが、先生が本を読んだあとで「これは、この書いた人の意見であって、これがすべて100%正しいかどうかはわからない。歴史の教科書というのはそういうものだ」と言って、それでわたしにもコメントを求めてきたんです。こういう先生が多いといいな、と思いました。

No title

かきつばたさん:

初等、中等教育の威力は絶大ですからね。
私の高校は左翼的で、あるとき期末試験問題が憲法第9条の解釈だったのですが、
「自衛隊は違憲」と書かざるを得ないような授業の流れでした。

同じ中国籍でも...

こんにちは。来日10年ほどの
中国内モンゴル自治区生まれのモンゴル族大学生です。
さまざまな興味深いブログテーマ、度々拝見させ、勉強させていただいております。

中国人のマナーの悪さは、中国の経済成長に伴って、世界中に知れ渡ってきているんだなと思います。
僕は、中国内モンゴル自治区生まれ日本に来るまで現地教育も数年受けてきましたが、道端で痰をはく、
ご飯中にもかかわらず大声でしゃべる、トイレは流さないなどなど、日本に来るまではそういうものなのかと思っていましたが、モンゴル族の家庭に育ったこともあり、漢族の人々とは教育面において両親から、一線を引かれていたように思います。ご飯の最中大声で騒ぐと「漢族の人みたいでみっともない」と叱られた思い出があります。その他あらゆる面で、モンゴル族としての教育を受けてきたこともあり、中国語がままならない人も年配者中心に多いです。そして今となってはそんなマナーの悪さなど悪評際立つ中国人として一括りされることに違和感を感じ、アイデンティティ確立も、モンゴル人として強くなってるように感じます。
また、モンゴル族の学校では反日教育はされておらず、反日教材に満ち溢れた漢族の教材とは相反するものがあると思います。
そんな民族意識が強いモンゴル族でありながら、管轄は中国政府であるために中国籍であるという矛盾で、アイデンティティは本当に複雑です。
が、ここまで経済成長した中国人相手に、中国領のため中国語をも話し、一線を引きながらもその素性を良く知っているので、経済的な面を中心に上手に付き合っていく方法をさぐるしかないなぁというのが個人としての結論です。
激烈に話が脱線したような気がしますが、ウイグル族やチベット族など民族問題をかかえる中国人にまつわる観点でコメントを、失礼させていただきました。

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。