スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英語を教えてくれた人たち -- このエントリーを含むはてなブックマーク

今日は思いがけず
日本にいたときに英語を習っていたOから国際電話がかかってきた。
彼はニューヨーク出身で、
私が留学一年目の冬にニューヨーク旅行に行った際
ちょうど帰省中だった彼にニューヨークを案内してもらったのだが、
それ以来4年半ぶりの会話である。
私が留学を決めたとき、
「半年も経てばネイティブレベルになるよ。」
と言っていた人なので、
まあ、私の英語のダメさ加減にはがっかりしただろう。

私は昔から英語が本当にだめで、
高校の授業はいつも落第点ぎりぎりだった
し、今でも、読み書きはまあまあできるようになったものの、
会話やリスニングは聴覚障害者レベルと言ってよい。
それでも何とかアメリカで生活できているのは、
当然ながら、何箇所かで英語を習ったおかげである。

日本で就職した頃は英語を口にするのも怖かったので、
まずは英会話学校のECCに入った。
英語に対する抵抗は取れたので良かったといえば良かったのだが、
2年近く通った割に英語力は大して向上しなかった。
その学校は、
生徒4人のグループレッスン
というのを主力商品にしていたのであるが、
はっきり言ってそこに問題があった。
典型的なグループは、
・50代で急に英語が必要になったおじさん、
・40代主婦、
・20代サラリーマン、
・17歳女子高生、それに
・フリーターっぽいアメリカ人の先生
という感じである。
ともかく、全員がアメリカ人だったとしても
会話が成り立つとは思えない組み合わせだった。

らちがあかないので、
英会話の家庭教師紹介をやっていた英会話学校に電話をかけた。
このビジネスは英会話教室に比べて儲からないらしく、
社員はあからさまに嫌そうな応対をしたが、
「大学院留学の準備のために英語を習いたい」
と伝えると、手のひらを返したように、
MBAをもっているというニューヨーカーを紹介してくれた。
それが今日電話をかけてきたOである。

それからは、
Oの家で毎週、私が書いたエッセイを添削してもらい、
会話をしたり、聞き取りや読解の練習をしたりした。
彼はビジネスの話が好きだったので、
そういう話で盛り上がった時には授業料をタダにしてくれた。
大学院に出願する際のエッセイなども全部見てくれた。
そうこうするうちに、少しだけ英語が話せるようになった。

めでたく留学して現地につくと、
語学学校がボランティアの会話パートナーを紹介してくれた。
毎週会って、会話したりレポートを見てもらったりするうちに、
また少し英語が分かるようになった。
就職活動の書類なども見てもらった。

何が言いたいのかというと、
留学する決心をした時から、
英会話を習うのにほとんどお金を払っていない
のである。
もちろん多少の授業料は発生したし、
英語の本やテープを買ったり授業を受けたりして、
20万くらいはかかっているかもしれないが、
はじめに英会話学校に払った金額を到底超えていない。
本当に必要としている人には、
手を差し伸べる人が現れる
ものなのかも知れない。

英語の勉強に限らないが、
何か大きな目標に向かっているときにはいろいろな人が応援してくれる、
というのは私が留学生活を送る上で一番感謝していることだ。
スポンサーサイト


テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。