白人は米国のリーダーで居続けられるのか -- このエントリーを含むはてなブックマーク

数日前の記事だが、ニューヨークタイムズが
ニューヨーク市におけるアジア系の高校生の割合は16%に過ぎない
にもかかわらず、公立トップ数校におけるアジア系比率が6〜7割
にも達していると報じた(元記事)。

ちなみに記事のタイトルは、
"For Asians, School Tests Are Vital Steppingstones"
(アジア人にとっては、学校のテストが人生の大事な一歩なんだよ)
である。
米国の初等・中等教育が危機的な状況にあり、
学校以外でも一生懸命勉強するアジア系の独壇場になりつつあるのに
未だに危機感を抱けないアメリカ人の姿が浮き彫りになっていて興味深い。

こうした現象は、ニューヨークに限らない。
私の住むデトロイト圏北部においては、アジア人人口が6%程度である
(ただし子供に限るともう少し比率が高いと思われる)にもかかわらず、
公立トップ校への進学者数の7〜8割がアジア系である。

記事では貧しい家庭に育つ中華系の高校生の写真が大きく取り上げられているが、
実際には、経済的にも既に白人はアジア系に負けている。
6年前のセンサス局調べによると、
25歳以上のフルタイム労働者の平均賃金は、
アジア系4万2千ドル、白人4万ドル、黒人3万2千ドル、
ヒスパニック2万7千ドルだ。
米国の賃金は学歴による格差が大きいため、
現在の米国の若者の人種間学力格差を考えるとこの差は広がる一方だろう。
ニューヨークタイムズが貧しいアジア人学生を取り上げたのも、
人種間闘争を煽らないための配慮とさえ思えるほどだ。

どうしてここまで大きな教育格差ができてしまうのだろうか。
これは、日本などにおけるステレオタイプに反して、
米国ができる子供の能力を伸ばす教育をしていないことに原因があるだろう。
その結果、子供の能力よりも教育に対する文化的な違いが、
成果に如実に現れてしまっている。

ニューヨークタイムズの記事に対する関心はかなり高かったようで
白人、アジア人双方の知人が、facebookでコメントを残していたが、
そこに書かれていたことのほとんどは、
「努力は才能よりずっと大事だ」、
「弱音を吐いてないで一生懸命頑張れ」
という内容であった。

米国の初等教育では、"gifted" とか "talented" という言葉が好んで使われる。
これは、一見子供の才能を伸ばす良い教育のように思われるが、
実際のところは、「教えなくても能力が高い子」だけが
生き残れるという教育になっているのだ。

私が米国大学院の博士課程に入ってまず驚いた事は、
第一に、生粋のアメリカ人が非常に少ないということであり、
第二に、そうしたアメリカ人の学生はなかなか頭が切れるということである。
出来の悪い米国人学生も中にはいるが、
そういう学生は最初の1〜2年のうちにドロップアウトして、
本当に頭の良いアメリカ人だけが残る。
一方のアジア系はと言うと、
頭の善し悪しにかかわらずなんとか頑張って試験をクリアし
大半が卒業していく。

こういう現状を見ていると、頭の良い生粋の米国人はたくさんいるのに、
勤勉でないせいで多くの人が良いキャリアのスタートラインに立てていない
ということが、よく理解できる。

それでも、アジア系が米国を牛耳ってる感じがしないのはなぜだろうか。
これは単なる時差の問題である。
米国は米国人が足りない分野だけに優先して移民を受け入れてきた。
具体的には STEM (Science, Technology, Engineering, Mathematics)
と呼ばれるテクニカルな分野であり、
人気のあるビジネスや法律、また医療系の専門職などでは
引き続き、生粋の米国人が優先的に仕事を確保してきた。
実際、多くの頭の良い生粋の米国人は、こうした分野に進み、
苦労が多い割に実入りの少ないと考えられてきた STEM 分野を
避けているのが現状である。

しかし今後は、こうした「生粋の米国人に人気の分野」においても
アジア系が幅を利かせてくる事になるだろう。
なぜなら、今後はアジア系移民の第二世代が活躍することになるからである。
現在、米国には1千4百万人ほどのアジア系がいるが、
このうち1千万人が外国で出生した人であり、
しかもそのうち3百万人は過去10年間に米国に移民した。
近年、米国への移民が難しくなり要求される学歴水準が高くなっている事を考えれば、
これらの移民の第二世代が労働市場に
大きなインパクトを持ってくることは想像に難くない。

30〜50年後、米国の企業経営者、弁護士、医師、研究者
などの社会の指導層の多くがアジア系で占められることになる。
その割合は半数に迫るかも知れない。
しかしそれは米国にとって、
悲観すべきことというよりもむしろ望ましいことだろう。
なぜなら、世界人口の6割を占めるアジアの優秀な頭脳が
米国に引き寄せられた結果に過ぎないからだ。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【白人は米国のリーダー】

数日前の記事だが、ニューヨークタイムズがニューヨーク市におけるアジア系の高校生の割合は16%に過ぎない

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なかなか興味深い記事です。かのエジソンの言葉を変に解釈してるアメリカ人がたくさんいるようにも思えます。
アジア系アメリカ人を除いて、白人系は

「天才は1%のひらめきと99%の努力から生まれる。」

という名言を努力をしたくがない故に、

「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である」

ととらえてるように見えました。

No title

Dehmelさん:

>「1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である」

これはある意味事実ではあるけれど。
ただ、ひらめきは生まれつき決まったものではないでしょうね。
創造性は、主に環境と知識と論理的構成力から生まれると私は思ってます。
(過去のエントリーにあるはず。)

No title

この記事ネットでかなり騒がれてますよ。

No title

これってアジアのエリートがアメリカに行っているだけなんじゃないでしょうか?
元々出稼ぎとしての貧困層は、他の人種と比べてアジア人は少ないので、
賃金や学力も自然と高くなる気がします。

的外れだったらごめんなさい。

No title

> 「天才は1%のひらめきと99%の努力から生まれる。」
正しい戦略立案(ひらめき)と実務実行(努力)の両方がなければ成功しないという意味じゃないの?
実務だけ一生懸命してても赤字企業になって凋落するし、作戦会議ばっかりやってても前に進まないし。

No title

>この記事ネットでかなり騒がれてますよ。

情報ありがとうございます。NYTの当該記事が日本語でも
ニュースになっているというのは知っています。

>これってアジアのエリートがアメリカに行っているだけなんじゃないでしょうか?

その通りです。しかし、そのことが生む軋轢がどんなものか、
という事に関していろんなドラマがあるわけです。
私のエントリー(の結論部分?)に対して、
twitterなどで「そんな単純な話じゃない」というご意見も頂いております。
これはもっともなご指摘なのですが、
それを分かってて書いているということをご理解いただけると、
このエントリーをまた別の角度から味わって頂けるかと思います。

>正しい戦略立案(ひらめき)と実務実行(努力)

同意です。

No title

平均への回帰が起きて調整されると思う。
誰だって無駄な努力はしたくないし
成功する為には努力をする。
アジア人が特殊な方法でモチベーションを維持してるなら
真似すれば良いだけだし

正直なところ「起業したい若者に対する大人の本音」みたいな
理由もありそうですけどね。

教育って難しいですよね。正解はないですから
だいたいエジソンは学校いってないし、
テストの評価なら0点ですよ

No title

あすみんさん:

どっかの経済学の論文にありましたが、
第三世代になると平均への回帰が起るようですね。
第一世代は苦労するので、第二世代を一生懸命教育し、
第三世代になると満たされて平均的な国民になるという感じでしょうか。
第一世代が爆発的に増えている過去20年を考えると、
まだ回帰が起る段階ではないように思います。

まあ、確かにこの記事は釣りの面もあります。
実際のところは米国がどれだけアジア系に進出を許すかは
米国に対抗する高度移民の受け入れ国が出てくるか、
ということころにかかっているようにおもいます。
出てくるなら、英語圏の国になるでしょうが、
カナダ、シンガポール、オーストラリアなどはまだまだ対抗馬として不十分ですしね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

半分がアジア系って話ですが・・・

University of Californiaはカリフォルニアではレベルの高い州立大システムで、キャンパスごとに差はあるものの、学部生の40~50%がアジア系です。州人口の13%がアジア系なのを考えても多いですよね。白人の学生は30~40%位なので、アジア系に比べるとキャンパスではマイノリティーです。

UCは、州の各ハイスクールのTop 9%もしくは州全体でTop 9%の子には、UCのどこかの大学にアドミッションを保障する方針なので、そういった基準を満たす子の4,5割はアジア系という結果になるみたいです。

アジア系の学部生は2世、3世、もしくは小さいときに親と一緒に移民した1世達で、持って生まれた才能に加えて、やっぱり親に勉強や努力の大切さを叩き込まれて来るようです。

No title

のあさん:

アジア系は一部の学校に固まっていると思われますから、
top9%ルールがなくて純粋に学力だけでやったらもっと多くなるでしょうね。
それでもUCLAやUCBは公平にやっている方で、
アイビーなどの私立は現在、大体アジア系を全体の21%程度に抑えているようです。

アメリカの場合、アドミッションが学力勝負になるのは大学院からですね。

No title

アジア系がハーバードの主流になったら、アメリカのリーダーは陸軍や海軍の士官学校卒に移行するのではないでしょうか?

No title

>アジア系がハーバードの主流になったら、アメリカのリーダーは陸軍や海軍の士官学校卒に移行するのではないでしょうか?

私はしないと思いますが、、。

ちょっとはずれますが、

オバマ再選について思うのですが、もしかしてロムニーの目って本当にあったのですね。 モルモンの大統領なんて考えられるのでしょうか? 

No title

モルモン教で日和見主義の共和党候補なんて勝てるわけない、と思ってましたが、思ったより善戦しましたね。結局、米国の選挙はいくら資金を集められるかにかかってるんでしょうね。

No title

田村耕太郎という元国会議員が、ハーバードビジネススクールの主席は陸軍士官学校卒だとの記事を書いていたのですよ。田村氏によると士官学校卒は地頭が良い、徹夜して勉強する体力がある、グループワークで落ちこぼれを引っ張るリーダーシップがあるそうです。

アジア系が学力で席巻しても、リーダーシップで白人が牛耳る形態になるのでは考えてます。

No title

ネリさん:

確かに、US Military Academy や US Naval Academy は人気のある大学ですね。
しかし結局のところ、人種別にしても、性別にしても、知識階層の厚み次第で
社会的影響力はかなり決まってしまうと思います。米国の白人の中にすごく
できる人がいるというのは事実ですが、それを以て今後も安泰という気は
あまりしません。

No title

>カナダ、シンガポール、オーストラリアなどはまだまだ対抗馬として不十分ですしね。

カナダでもアジア系が活躍していますよ。カナダでトップクラスと言われるトロント大学では、学生の6割強が既にアジア系です。911以降は、アメリカと比較すると取得しやすくなったカナダの永住権が注目されているようです。

No title

Chizさん:

カナダの方がアジア系が幅を利かせているのは肌感覚でも実感できますが、
国の規模、研究水準、社会制度などを考えるとまだまだ米国とは差があるのでは
ないかと思います。資源のある国なので国が重点的に資金を投下する分野では
これから強いかも知れないですね。
最近では、中国人に対する永住権を絞っていると聞きましたが、どうなんでしょうか。

No title

国の規模などはすぐに変えようがないですが、移民受け入れで最も先進的な国の一つがカナダだと思います。「優秀でカナダの国益に適う人材であれば国籍問わず」が基本政策ですし、肌感覚でのカナダ人の意見だと思います。医療費の患者負担はゼロですし、子供手当てや充実した公教育、移民に対する支援プログラムなど、社会主義国ならではの制度的な魅力もあります。

移民受け入れのメリットは文化の多様性などではなく、優秀な人をスクリーニングできることだと考えます。中国であれインドであれ、他国の税金で育てた高学歴で優秀な若い人材を、自分たちのニーズに即した基準で選択できるわけですから、オイシイ話です。特定の国だけ移民の選考基準を厳しくするといった話は、(少なくとも建前上は)ありえないと思います。カナダは不法移民の問題も殆どありませんし、国民感情からして移民受け入れに積極的ですよ。

No title

Chizさん:

カナダは生活する上では米国よりも外国出身者に住みやすいのだろうなと私も感じます。
米国だと白人以外はやはり遠慮しながら住んでいるという風に感じますし
(ただし、この感覚は十人十色です)。

ただ、カナダに米国ほどの求心力があるのかと言ったら私はそうは思いません。
社会主義的な側面、硬直的な社会制度がそれを阻んでいると思います。
そもそも社会主義って、人間の自由な移動を制限する事で成り立つ社会ですよね。

移民受け入れは、もちろん受け入れる人を選べることがメリットです。例えば、
特定の分野の人材だけ受け入れる、働く年齢の人だけ受け入れる、
お金持ちだけ受け入れる、ということですね。

文化の多様性というのは移民受け入れの観点から見れば、現在では、
特定の民族に国を支配されるリスクを減らすという側面が強いと思います。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
3位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ