米国の個人信用リスクの動向 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

いやー、今日の株式市場はすごい下げでしたねえ。
終わってみればニューヨーク・ダウは311ドル安と
今年一番の下げにはならなかったようですが、
一時450ドル下げた時には目が点になりました(汗)。

残念ながら私には米国の経済動向について語れるほどの
知識はないのですが、ここ数日、米国で話題になっているのは、
いわゆるプライム層の信用状態が悪化してきているらしい
ということではないかと思います。

2~3日前のアメックス(優良顧客が比較的多い)
の四半期決算では、顧客の延滞が増加して引当金を大幅に
積み増した話が出ていましたし、
25日付のウォールストリートジャーナルには、
住宅ローン大手のカントリーワイド・フィナンシャルが
プライム層向けのデフォルトの増加で33%の減益、
という話が出てきていました。

全般的に信用リスクに対するプレミアムが高まっていて、
企業買収にも影響が出てきているらしいです。

この先1年くらいは、不動産市況が劇的に回復するのは
難しそうみたいですが、米景気への影響が軽微にとどまる
ことを願うばかりです。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ合衆国
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ