スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子持ち学生カップルを応援しよう -- このエントリーを含むはてなブックマーク

昨年から今年にかけて、私のまわりではずいぶんと
子供が生まれた、あるいは、子供が生まれる予定であるという話を耳にした。
日本人の知り合い、米国人の知り合い、その他の国の出身者と
バックグラウンドは様々だ。

日本にずっと住んでいる方には少し意外かも知れないが、
結構多いのが、博士課程在学中の2〜3年目あたりで
子供が生まれるというケースである。
私の娘も、博士課程2年目に生まれたし、
大学院時代の知り合いにもそういう人が多い。
日本人の場合は、夫が博士課程在学中というケースが殆どだが、
他国の人を含めると、女性の方が修士課程や博士課程在学中に、
というケースも結構多い。

日本の感覚で言うと、仕事も決まっていないのにという気分にもなるが、
最終的に子供が欲しいと思うなら、
時間のある院生のうちに子供が生まれた方が触れ合える時間も多いし、
卒業する頃には子供も大きくなっているのでいろいろと融通が利く。
最終的に子供が欲しいという前提の下でよく考えれば、
進学前や在学中に結婚して、在学中の一番余裕のある時期に子供を、
というのが最適解なのだろう。
米国では、大学院生が社会人に近い存在と見なされていることも大きい。

翻って日本の状況を見ると、
学生結婚や学生のカップルが子供をもうける事に対する世間の目は
まだまだ冷たいように思う(私自身が少し保守的なのかも知れないが)。
特に女性にとっては出産に関する時間的な制約がタイトなこともあり、
このことが、女性の大学院進学を妨げる一因になっているのではないか、
と思うほどである。

こうした日米の雰囲気の違いは、
誰が何をやっていても気にしない米国社会と
同調圧力でなりたっている日本社会の差も大きいが、
もう少し具体的な違いもあるように思う。

国土の広い米国では、
大きな大学を中心に学園都市が形成されているところが多く、
様々な場所から引っ越してきた人が集まってできているそうした
都市は開放的な雰囲気になる。
そのため、どんな人でも世間体をあまり気にしなくて済む。
また、家族用の大学寮や、在学中の家族が多く住むアパートがあるため、
家族持ちの学生も社会との一体感を保ちやすい。

一方、日本の一流大学の大半は大都市に集中しているため、
少数派である子供のいる学生カップルは疎外感を感じやすく
心地よい空間が社会の中にあまりないのではないか。

大学院進学者に限らず、晩婚化が長期的な少子化傾向の原因となっている中、
日本でも、学生カップルが子供を作りやすい環境を整えることはできないのだろうか。
社会の仕組みや、人々の意識、地理的な違いを一気に変える事は難しいが、
やれることはまだまだあるように思う。

もちろん、経済的な問題は一番大きいだろう。
米国でも大半の博士課程の学生は貧しい生活を送っているが、
少なくとも学費を免除してもらった上で、
最低限の生活をするだけの賃金を受け取っているのが普通だ。
文部科学省は、他国からの留学生に奨学金を出している余裕があるのなら
まず日本人の大学院生が独立した生計を営めるようにすべきだろう。

また例えば、研究大学が集中する東京や京阪神などの地域に、
国が少しばかりの補助金を投入して、
家族持ち学生用の借り上げアパートなり寮なりを設置してはどうか。
激安でなくても、民間のアパートなど、他の住居に比べて割安で
入居希望が十分に集まる家賃水準であれば良い。
(実際、米国の大学寮の家賃は、民間対比でわずかに安い程度である。)
少数派の学生カップルも立場の近い人たちと接することが出来れば、
社会との一体感を感じることができるだろう。

大学内の託児所に関しては、近年かなり開設が進んでいるようだ。
東大本郷キャンパスでは2008年、慶応大日吉キャンパスでは2009年、
早稲田大学では2011年に、大学内の託児所が開設した。
いずれも、教職員だけでなく全ての学生が施設を利用できるようだ。
こうした動きを見ると、大学で学びながら子育てをするのが
当たり前の社会は、もうすぐそこに来ているのかも知れない。

子供をもうける学生カップルは少数なので、
こうした施策でマクロの出生率に大きな影響が出るほどの効果は
上げられないかも知れないが、
社会が結婚や子育てに関して多様な価値観を認めることは、
これから子育てをする若者に対して良いメッセージを送ることができるだろう。

政治家の方達には、育休3年間などという無茶な政策を打つ前に、
もう少し柔軟に子育てのあり方を考えて欲しいものである。

スポンサーサイト


テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

保育園問題

現在日本の大学でPDのものです。
いつも楽しく拝読しております。
今回の内容にも全面的に賛成です。

ただ東大の保育園については、現状では学生カップルの子供が入れるかというと微妙なようです。
以前知り合いの子持ち院生に聞いたところによると、東大は職員同士の結婚が多いため、
職員の子供が優先して入園して学生にはほとんど枠が回ってこないとのこと。
依然学生が子供を産み育てる状況は整っていないようです。
かくいう我が家も現在妻が妊娠中ですが、所属先の大学には保育園がなくて困っています。

No title

skさん:

なるほど、まだまだ環境は整っていないのですね。
実は私の大学にも大学内に保育所がないので、時々不便を感じます。
米国の大学だと、教育学部などが教育研究を兼ねて幼稚園などを
設置していることも多いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

匿名さん:

ですよね。
やっぱり、博士課程在学中に子供をというのは良いアイデアなんだと思います。
日本で博士課程に進む人が子供を育てる環境にないとすると、それは非常に
問題だと思います。

No title

日本でもいくつかの大学だと幼稚園も併設してますよね。ただ大抵は教職員・学生の福利厚生としては位置づけられておらず、入れやすいということもないような。

例外で思い出されるのが、秋篠宮紀子さまがお茶大の博士課程にいらしたときに、お茶大は女性研究者を支援するためにお茶大幼稚園への「特別入学制度」を設けたことです。悠仁さまがその第一号となりました。ただでさえ入るのが難しいところなので、むしろ在学中に出産することへのかなりのインセンティブになるでしょう。学区制限もかなり厳しく、本来は秋篠宮ご一家が住まわれている赤坂御所は入らないのですが、それも容認されているようですし。

ただ残念ながら、お茶大のホームページを見ると、託児所しか子育て支援として公になっていません。もしもまだそのような制度を継続しているのであれば、もっと宣伝することで優秀な女性研究者を引き込めるでしょうに。

No title

Kikoさん:

うーん、別に有名幼稚園に優先的に入れる必要はないんですけどね。
ただ、職場の近くの幼稚園で預かってくれれば便利なのも事実なので
難しい所ですね。

某T大

私が学生だった30年ほど前にも、茨城県の某T大には夫婦で入れる学生寮がありましたけど。
当時は、自分含め多くの人が異端視というか「そんなんアリかよ?」的な見方をしてました。
主に海外からの留学生が利用してましたねw

No title

FanHongさん:

筑波大は日本ではやや変わった環境ですが、米国の研究大学はああいう風に回りに何もないところに立地しているものが多いです。もっとも、施設の有無だけでなく、人々の意識が変わらないと、結婚したり子育てしようという人は増えないでしょうね。時間がかかる問題だと思います。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
7位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。