オペレーションがダメ過ぎるバンカメ -- このエントリーを含むはてなブックマーク

バンカメ(バンク・オブ・アメリカ)のクレジットカードを持っているのだが、
オペレーションが相変わらずダメすぎて頭にくる。

ずっと使ってないカードに、
利用$500までポイントが5倍になるキャンペーンが実施されたから、
いきなり$500使おうとしたところレジでエラー。
なんという自作自演ぶり。
そんなことされると、公衆の面前で、信用に問題のある貧困層だと思われるんだけど。
ボーナスというよりは嫌がらせキャンペーンのようだ。

その後、すぐにバンカメの詐欺検知システムから電話がかかってくるが、
3〜4コールくらいで切れる。そんなに早く取れないし。
数時間後にも電話がありまたすぐ切れる。
翌朝、3回目の電話でようやく出たが、
自動メッセージで、
「指定する電話番号にかけ直してXXXXXX(数字6桁)と入力しろ」
とのこと。勝手に電話をかけといて別の番号にかけ直せとは本当に謎だ。

仕方がないので電話番号にかけ直すと、
「ZIPコード(郵便番号)か、社会保障番号の下5桁を入力しろ」
との指示。
誰からかかって来たかも分からない電話に個人情報入力するのが、
危険なのがバンカメには分からないんだろうか。
まあZIPコードくらいなら、と仕方なく入力する。

次の質問で、4と5を間違えてプッシュしたところ、
エラーが出てオペレーターに自動的につながれるが、
中々出ないので取りあえず切ってかけ直す。すると、
「そのアクセスコード(前出のXXXXXX)は無効です。」
だと。

「オンラインでも確認可能」とメッセージが流れたので、
オンラインバンキングをチェックするが確認できず。
ちなみに、このIT時代にメールでの警告も来ない。

バンカメのオペレーションがダメなのは今に始まった事ではないが、
ここまでダメだと経営に影響が出ないのだろうか、
と他人事ながら心配してしまうレベルである。

米国の大手金融機関のオペレーションは、
AMEX >> CHASE > CITI >> Bank of America
という感じなので、
今回の様なくだらないことに巻き込まれたく無い人は、
金融機関選びを慎重にされると良いだろう。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

香港でのお話です。インターネット・バンキング使っている友人の手助けをしたときに分かったこと。あんたのクレジット・アカウントは一時閉鎖されたのでここへ電話しろとe-mailがあったので電話してみたら幸い香港人が電話に出てこれこれこんなわけでということだったのですが、友人が電話英語が苦手なのでe-mailでは? と聞けというので伝えたらe-mailの対応はしていないと。友人は窓口で言葉ができないからネット・バンキングにしたのだろうに。そちらのお話よりはマシなようです。最大手のBKです。

私はといえば銀行にふとしたことでお友達ができて道端で挨拶なんかされたり、で何でもかんでもそのお友達関係に直接会って調べごとなどなどやってもらっています。これが二、三度話すればお友達になっちゃう中国文化圏の便利さ、お友達関係がリストラされませんように、です。街が小さく支店がかなり多いので歩いてちょっと寄ればいいですし。

しかし、インターネット・プロバイダも海外ブランドPCもインターネット売買サイトのサービスも皆インドだかマレーシアだかフィリピンだかがコールセンターで電話ボタンで選択のたらいまわし。あげくの果てに出てくるオペレーターのあれも英語か? で、相当聞きとりが上手でないと何を言っているか分からないことが多く困ったものです。

No title

常無常人さん:

米国もエアラインのカスタマーセンターなどは同様ですね。
英語があまり通じない人が出ることも多いですし、
英語だけはできるけど、大学生のバイト風の何も解決できない人もいます。

IRS(歳入庁)の電話窓口では、
何を聞いても disclaimer をものすごいスピードで棒読みするだけで、
聞き取れないし埒があかない、という人もいました。

最近気になるのは、中国からの直輸入品についている
取り扱い説明書の英語が読めないこと。
ランダムな文字列としか思えない様な単語も混じっています。

No title

こんな話をしていると、きれいなおべべ着てきれいにお化粧してもため口きく日本のBKの接客おねえさんにも存在意義があるのかなあと思う反面、これで何とかなっているんだからそんなの過剰な対応だろうと思いますね。

世界は自分のことは苦労しても自分でやらないと、ですね。そのときに手続きにせよ納期にせよ何となく時間の余裕が、結局ルーズなんでしょうが普段は遅れても何とかなることが多いと思います。
なまじの四角四面ではどこかはずれると動きがとれなくなりますから。

No title

常無常人さん:

日本の労働生産性は、米独の3分の2くらいですが、
そのうちの無視できない割合が過剰サービスに充てられていそうですね。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ