スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中高英語教員に留学制度は必要か? -- このエントリーを含むはてなブックマーク

東京都の教育委員会が、来年度から都内の公立中高で英語を教える採用3年目の
若手教員全員を3ヶ月間、海外留学させる方針を決めたそうだ。

見出しを見た時の第一感は「やったらいいんじゃないの」といったところだ。
私は、基本的に、この手の能力開発には賛成である。
そもそも、90年代後半以降の日本人って、
人材を育成するのにはお金がかかるってことを忘れてる。
英語教員の英語力の不足が
英語教育のネックになっていることは確実なのだから、
英語教員にはもっと頑張ってもらわなくちゃいけないし、
そのために年数億程度のお金を使うのは、
新しい校舎を建てたり、毎年校庭を工事したりするよりも、
よっぽど有意義だろう。
教育には、モノじゃなくてヒトが大事だ。
この機会に是非、学校関係の公共工事も削減して欲しい。

「そんなにお金使って贅沢。TOEICやTOEFL、英検みたいな試験を課せばいいだけ。」
みたいな意見もあるけど、私はあまり賛成できない。

第一に、英語が自然言語である以上、
やっぱり現地で運用能力を育てることには意味があると思うからだ。
"How are you doing?"
に対する日本の教科書的な答えは
"Fine, thank you. And you?"
かも知れないけど、スーパーのレジ係に
"How are you doing?"
って聞かれた時にそんな受け答えしたらレジ係の目が点になってしまうだろう。
それに、どうして"bad"とか"terrible"じゃなくて"good"とか"great"
じゃなきゃいけないのか、っていう英語文化も知っておく必要があると思うんだ。

第二に、先生も謙虚に勉強を続けなきゃいけないと思う。
学習者の痛みを常に感じるってことは教育者としてとても大事なこと。
学校の先生って、同じ事を何年も教えてるから、
どうしても生徒に威張り散らすようになっちゃう。
「どうして、こんな基本的な文法もできないんだ!」
みたいな感じに。そういう先生だと生徒の方もやる気をなくす。
「あのセンコウ、ホントに英語しゃべれるのかよ」
みたいな陰口を叩かれたり。
逆に、英語できると思われてた先生が、
「アメリカで固定電話引こうと思ったら、手続きは複雑だし、
英語は通じないし、泣きそうになりました。」
とか言った方が、生徒の方も、
「先生でもそんなに大変なら、俺も真面目に勉強しておかなくちゃ。」
ってなると思うんだよね。
こんな事書いて良いのか分からないけど、
私は実際、留学前に東大の先生にほとんど同じ事を言われた事がある。
もちろん今は英語もペラペラの先生だけど、
そんな人でも留学直後はそうだったんだ。
書き方は悪いけど、中高の英語教員ごときが、
生徒の前で自分の英語が完璧なふりをする必要なんて全然ない。
そういう事を、留学で学んできて欲しい。


じゃあ、東京都のプラン、手放しで賛成なの?
って言われると、やっぱり荒削りなところはたくさんある。
一番ダメだなと思うのは、全員一律に行かせるっていうところ。

世間には企業から留学させてもらうような人もいるけど、
そういう人がそれなりに英語できるようになるのは、
留学前に必死で勉強するからなんだよね。
試験のスコアだって必要だし、その前に仕事でも結果を残さなきゃいけない。
つまり、留学制度のコスパを最大化するには、
それをインセンティブとして使うのが賢いってことだ。

例えば、中高の英語教員の場合は、
TOEFL-iBTで80点以上あるいは90点以上を留学の必要条件にしてはどうか。
取れた人は、3ヶ月留学して英語をブラッシュアップしてもらう。
点数取れない人は、日本の学校で引き続き授業してもらう。
留学から帰って英語力が高まっていれば昇進や昇給をさせればいいし、
点数取れない人は第一段階がクリアできないんだから
当然、昇進や昇級を止めるべき。
そうすれば、英語教員は必死に英語勉強するようになる。
競争が目的じゃないから、全員達成できたら全員留学させればいい。

無条件で留学させることに反対なもっと大きな理由は、
留学の効果に関するものだ。語学力に関する大きな誤解は、
「留学すればいずれは誰でも英語に不自由しなくなる」というもの。
全ての人の最終到達地点が同じ、というのは全然正しくないのだ。
経験則として、留学前の語学力が高い方が、留学後の語学力の伸びも大きい。
それは、よく考えれば自然なことだろう。そもそも、英語がしゃべれない人と
英語で会話しようとする人はいないのだから。


留学制度を導入する一番の利点は、
優秀な教員を集めやすくなるってことだろう。
先生になってからも、勉強したり、研修を受けたりできるし、
またそうしなければいけない、という仕組みにしておけば、
本当に教育や教科に情熱を持った先生を集めやすくなる。
優秀な人を集めるには給料を上げるっていうのは一番簡単に思いつくことなんだけど、
公立学校の予算には限界があるし、下手をすれば、
経済意識が高くてテストが得意なロリコンばかり先生になるという事になりかねない。


う〜ん。でも、Facebookのコメント見ると
今回の都の案にも批判的なコメントがほとんど。
ともかく、今の日本人って嫉妬の塊みたいになってて、
今回みたいな案が出てくるとすぐに叩かれる。
何もかもがネガティブなんだよね。

そうじゃなくて、
英語の先生はもの凄く勉強しなきゃいけないけど、
その代わり留学もさせてもらえるし研修も受けられる、という風にしなきゃいけない。
英語の先生自身は「英語力や英語教育を追求できてやりがいのある職業です」と、
それ以外の人は「自分にはそこまでの覚悟ないけど英語の先生って凄いなあ」と、
思える様な世の中にした方がずっといい。

もちろん、英語に限らず、数学の先生、社会の先生、国語の先生だって、
社会からもっとダイナミックな知識を学べる様な仕組みにしたらいいんだけど、
今回の案は東京オリンピックをきっかけにできたもの。
まずは、オリンピックをきっかけに、
日本を前向きに変える事ができるかどうかが試されてる、
ってことなんじゃないのかな。
スポンサーサイト


テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

すると、

日本で、日本語を学びたい英語圏教師の卵を招聘したい。

そもそもなぜ英語が未成熟な英語教師が存在するのか?
採用の時は採用すべきではないし、継続雇用も見直した方が、子供たちにとってもいいかもしれない。

あと、広告がコメント欄にかぶって、このサイトビミョー

面白い案ではありますよね。

試験に落ちて留学できなかった先生は生徒に悪口言われそうですがw、まぁ卒業大学で教師のランク付けみたいなのは以前から生徒の間でありますよね。

海外にいると日本人に対して、嫉妬深いという形容はあまり聞きませんが、強く同意です。 なるほど!!と思いました。

書評「ジェラシーが支配する国」

Wilyさん、こんにちは。

1)書評「ジェラシーが支配する国」が面白い!
http://p.tl/O56E!

2)英語教師を留学させる件は、英語教育のツールとして、古くて新しいテーマです。
単なる「オリンピック便乗」ならば、けしからん。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

逆の発想さん:

>そもそもなぜ英語が未成熟な英語教師が存在するのか?
それは英語ができる人材があまりいないからでしょう。

>Sさん:

英語できない英語の先生が悪口言われるのは仕方ないですね。

>snowbeeさん:

その本面白そうですね。アマゾンのカートに取りあえず入れました。

>匿名希望さん:

情報ありがとうございます。
1年目から行かせたら学生気分が抜けない人や
すぐ辞めてしまう人がいるかも知れませんし、
遅ければ年齢的な問題が英語習得のネックになるので
3年目というのは無難なところかと。
しかし、既に4年目以上の人にもチャンスがあって
良いとは思いますが。

No title

外国語を勉強することは異文化の勉強でもあることですから遅かれ早かれ異文化に直接接する意義は大きいでしょう。英語といってもいろいろ、それで生活や仕事をしている現場を見るのは大事なことですね。受益者(一部は受害者?)にとっては特に意味のあることだと思いますが納税者は別のことを考えるでしょうね。

今まで私が出会った海外留学組や英語検定試験類で高得点の人達でも読み書きはできてもほとんどしゃべれない人がたくさん、それでも外国人とe-mailで仕事するにはいいですけど。会話は語学のセンスよりもコミュニケーション能力、見知らぬ人の中に溶け込む力だと思います。これが足りないのは画一的な初等中等教育のせいか家庭環境や異質を受け入れない社会のせいかのいずれでもあるように思います。

そもそも英語(外国語)教育の目的が何のためかなんて論議があること自体とんでもなくおかしいことではないでしょうか? だって必要なら他の勉強も別にがっちりやればいいことですから。

話は別ですがWillyさんブログの文体変えましたか?

No title

常無常人さん:

英語教育に限らず、子育て中の家庭が減っている中、納税者から
教育への投資にそれほど賛成が集まらないのは、仕方ないですね。

検定試験で高得点を出す人はとりあえず基礎ができているので、
適切な経験さえ積めば話せるようにはなると思います。

文体、なるべく気楽に読みやすい様に、ということでまだ試行錯誤
の段階です。

人材育成

私も、いいアイデアだと思いました。TOEFLの点数などを要件にしながらも、年次や年齢を限定しすぎず、意欲のある人にはチャンスを与えてほしい、とも思います。

「そもそも、90年代後半以降の日本人って、人材を育成するのにはお金がかかるってことを忘れてる。」という視点は、Willyさんがずっと持っておられるようですね。「90年代後半以降」も人材育成にお金をかけ続けているのは、金融機関や商社あたりでしょうか?

No title

こ@さん:

詳しく知りませんが、商社は未だにバブルの続きという感じでしょうから人材にもお金を掛けてるかも知れないですね。そもそも、日本企業はキャッシュが潤沢なところも適切な投資ができていない中で、商社は資産にも人材にもうまく投資しているのかも知れません。

基本的に「自分に投資」ってのが流行っていると思いますが、独りよがりになりがちなので効率はあまり良くない気がします。

No title

すごくいい意見だと思います。

できれば1年くらいどこぞの大学にぶち込んで、単位を落としたら自費、くらいにプレッシャーをかけないと効果ないんじゃないかなあ、って思います。3ヶ月じゃ、わたしにはアメリカ人学生の早口だと、まだFワードとSワードくらいしか聞き取れませんでしたから。。。

わたしの友人に中学の英語教師がいます。彼女は教師になる前に自力でかなりの英語力をつけ、イギリスに短期留学もしていました。そして教師になりました。たいていの外国人と普通に会話しているのを見たこともありました。

彼女と、英検3級程度で留学して短大から州立大学に編入したわたしがカナダで合流したのです。わたしは留学3年目の春休みでした。それでもまだ英語力としては彼女より下だと感じていたのですが、聞き取る力だけはわたしの方が強かったのです。電話のメッセージを彼女には聞き取れず、わたしには聞き取れた、というだけですが。

彼女は留学といっても単位も気にする必要のないものを取ったのですが、わたしは英語力がないくせに大学で単位をどうしても取らなければならないという状況で3年過ごしましたので、そこが違ったのではと思うのです。ま、期間もわたしの方が長かったですから、当たり前といえば当たり前なのかもしれないけど。

でも、せっかく先生を留学させるならば、英語をどうしても習得せねばならない、、、というプレッシャーは必要だと思うのです。1年の予算がなければせめて1セメスター。しかもESLだけではダメですね。ESLプラスなんでも好きなクラスを取らせる、っていうのではどうでしょうね。

あ、留学の書類を出して、大学に入学許可が出た先生に限り留学、というほうがもっと効果あるかもしれないですね。でも、そのまま帰ってこない可能性もあったりして。。。

現在はどうかと言えば、その彼女はしっかり文法の整った英語を話すでしょうし、わたしは相変わらず英語を勉強せずに留学してしまったツケというか、通じればまあいいや、という英語で、日本で英語教師にもなれないでしょう。だから、しっかり英語を勉強した先生たちが留学するのには大きな効果があると思うのでそれには大賛成です。

それにしても!足を引っ張るような発言をする人ってのは、やっぱり嫉妬なんですかね。なんか残念ですよね。年齢制限には反対!ですが、定年前10年の人には遠慮してもらうほうがいいかな。でも、そういう人がしっかり勉強して、定年後講師とかになってもいいと思います。

教師を留学させるという話とはずれますが、モト駐在妻を講師で雇うとか、企業で留学したおじさんたちで定年になっている人たちに一役買ってもらうとか、通じる英語を話せる人をもう少し活用することを考えてもいいかな、とか思います。

No title

かきつばたさん:

「しっかり英語を勉強した先生たちが留学するのには大きな効果がある」というのは、その通りだと思います。英語の指導方法をある程度知っている人を留学させることには意味があるでしょう。

問題があるとすれば、制度として留学させると、全てお膳立てしてもらって留学するという側面が強くなりがちで、肝心な「生活のための英語」の習得にマイナスになるという点かも知れません。

英語教師の英語力の現状

TOEFL-iBTで80点以上だと行ける人、ほとんどおりませんがな。

TOEICで720ですら、現状では2割に満たないわけで。特にバブル世代以上だとかなりやばいです。

この世代より上だと、旧2期校の教育学部英語教育学科卒が上層で、センター試験で8割程度の英語力。

日本の教員採用制度だと、大学受験時より学力が大幅に上がるようにいまいちできてないので・・・。

今後雇う若い世代にだけ高度な英語語を課すくらいしか、教員の英語力を上げる手段はないと思います。

その場合でも、英語力のない年寄りのイジメにあうというシナリオが十二分に予想されます。

No title

通りすがりさん:

英語をちゃんと勉強していない教員に留学させる必要はないですね。
多項式の計算もできない子に微積を教えても意味がないのと同じで。
それにしても、生徒の大半は英語ができないというのは致し方ないにしても、
英語教員の大半は英語ができない、というのは絶望的な気分になりますね。

そもそも英語教師のせいにするのもどうかと、今まで何十年も放置してきたわけですから
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。