【本】食える数学(神永正博) -- このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカの数学界には次のようなジョークがある。

問題:次のうち他と異なるものはどれか?
1) 博士(応用数学)
2) 博士(純粋数学)
3) 博士(統計学)
4) 大きなピザ 

答:2)。他の3つは家族4人を食わせることができるから。

このジョークが、一般人にも理解されるのは、やはり数学が勉強する労力の割に役に立たないと思われているからだろう。

本書は、多くの人が考える「数学って何の役に立つの?」という素人の根本的な疑問に答えるために書かれており、一般的な高校生以上なら誰でも読める構成になっている。何よりも、この本は縦書きであり、数式はほとんど登場しない。



内容に入る前に、筆者の略歴を見てみよう。筆者は高校卒業後、数学科に進み、京大数学科の博士課程を中退。東京電機大情報科学科の助手を務め、その後、日立製作所に勤務ののち、現在は東北学院大電気情報工学科准教授(理学博士)となっている。やはり、数学が社会にどう役に立っているのかをきちんと書けるのは、数学を学び、実務家としても働いたことがある人だ、という事を改めて実感させられる。

私も、数学科で学んだ経験、そして実務家として働いた経験を持つ者の一人だが、筆者にしても私にしても、大雑把に言って強く感じていることは2つあると思う。1つは、「数学は、実社会に非常に役立つ」ということ。そして、もう一つは、「現在の数学教育は、数学を実社会でどう役立てるかが分かる仕組みになっていない」ということだと思う。

筆者は、石油探査の話とフーリエ解析、ソーシャルネットワークの話とグラフ理論、迷惑メールとベイズの原理といった様々な応用例を出して、数学の有用性を説いてゆく。条件の足りない方程式をソフトが無理矢理解いてしまい、それを元に謝った結果を学会で発表してしまった、というような例もだして、数学の基礎的理解の有用性も説く。

一方で、特に大学の数学科においては、理論の美しさに拘るあまり、現実問題への応用という目的意識が希薄であったという問題も提起している。数学の理論を実際の仕事に役立てたい大多数の人にとっては、教科書を1ページずつ進むよりも、実際に直面した問題から出発して、興味を持ったことだけを勉強して行った方が楽しいのでは、と提案し、筆者の経験と共に説明している。

様々な角度から数学を眺めてきた筆者の提案は、流石にバランスが取れており、少しでも仕事に数学を役立てようと考える人にとって示唆に富んだ内容となっている。

読者が本書に失望する点があるとすれば、例えば、2ヶ月後の期末試験までに数学の教科書をあと30ページ読まなければいけない中高生にとっては、もっと具体的な説明が欲しいと言うことだろう。初等幾何は何の役に立ち、因数分解は何の役に立つのか?三角関数や微積分の公式をたくさん暗記しなければいけないのはどうしてなのか?もちろん、250ページ程の本書には、そうした事を逐一説明するスペースはなかったと思われる。

この書評をきっかけに、次回以降のエントリーでそうしたことも説明してみたいという気にさせられた本であった。


過去の関連するエントリー
- 全ての学生に数学は必要か?
- 数学のできない大学生を見て思うこと
- 数学を勉強することは無益


スポンサーサイト


テーマ : 算数・数学の学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Willy さん、お久しぶりです。

因数分解が何の役に立つのか、是非、解説をお願いします。(中高で習う範囲の数学全般にお願いします)

娘に算数を教えながら、単純な計算以上の事が実生活にどのように役立っているのかぼんやり考えておりましたので、絶妙のタイミングでした。



No title

ysjournalさん:

お久しぶりです。もっと具体的な「数学はどう役に立つのか?」は需要がありそうですね。
少しずつ書いてみたいと思います。

No title

こんばんは。はじめまして。
質問なのですが、数学を専門にやっている人は、
なぜ論理的になりたいのなら、数学を学べというのでしょうか?
論理的になりたいのなら、論理をやればいいとおもうのですが、
何が違うのでしょうか?

No title

かずさのすけさん:

「論理的になりたいなら、数学を学べ」というのは、数学の応用をあまり知らない人(例えば、大学を出てすぐに中高の数学の先生になったような人)が言うことではないでしょうか。私は、このアドバイスがあまり的を射ているとは思っていません。おっしゃる通り、論理的になりたいなら、論理的な読み方、書き方、話し方を学んだ方が良いと思います。

ただ、敢えてそうした意見をフォローするとすれば、2つの点をあげられます。一つは、辛抱強く考える訓練になるということ、もう一つは、数学には自然界や社会に応用可能な手法がたくさんあるということです。そうした手法を知る事は、経営学の手法を学ぶ事などと同様に、現実社会の問題に体系的な答えを出すという点で意味があります。

No title

ご紹介の本を読まず本業でもないところからの発言です。工学から距離を置きだした30年ほど前にすでに振動や波の物理的解析は機器を買えば可能になり場の物理解析もコンピュータでほとんどできるようになってしまいました。
企業が製品を実現するにはせいぜい三桁程度の精度が得られればあとは実験でとなるのですから機器でシミュレーションさえできればということでもあるでしょう。食えるということがどういうことなのか知りたいと思います。

論理の話ですが、白黒言いくるめる話やアキレスと亀の話を教える分野なんてないですからね。香港の仕事の友人達に白黒の話をしても可笑しさが全く理解できないようでこの人達の欠点か?と思っています。

データサイエンティストという職業は、統計家とイコールなのでしょうか? 博士号は必要なのでしょうか。 やはり統計の博士号なのでしょうか。。。

No title

匿名さん:

日本のデータサイエンティストは、現状では統計屋よりも情報科学やエンジニアリングに近い職業なのではないかと思います。博士号が必要かどうかは、雇用主が判断することなので何とも言えません。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ