数学少年の実らぬ恋 -- このエントリーを含むはてなブックマーク



確か、高校3年生の頃のことだったと思う。

片道1時間40分もかかる遠くの高校に通うために
僕は毎朝、眠い目を擦りながら午前7時前にバス停に向かって歩いた。
そこには、いつも列の先頭で同じバスを待っている女の子がいた。
その子は前のドアからバスに乗ると、
バス中程の前向きの座席に座るので
いつも一瞬だけ目が合ったような気がする。
男子校に通っていた私は、
毎日のそんな些細な出来事から
その子のことを好きになってしまった。

その子とは帰りのバスが偶然同じになることも時々あった。

ある天気のよい日。
帰りも同じバスになったので、
バスを下りたら後ろから話かけようと決心した。

不思議な事にその子はその日だけ、
少し遠回りのはずなのに、
いつもの道ではなく、
私の帰り道をずっと歩いていく。

まさか私の気持ちに気付いているのか。

高まる鼓動。

縮められない距離。

その子は少し幼く見えたので、私はその子の年齢が気になっていた。
もしかすると中学生だろうか?
しかし、当時、数オタ(※注:数学オタクの略)だった私も
初対面の女の子にいきなり年齢を聞くほどの野暮ではない。
私はとっておきの質問を用意していた。

「ベクトルって知ってますか?」

さりげなく、
当時全員に必修だった「代数・幾何」を履修済みかどうか確認する事で、
学年がほぼ分かってしまう。
完璧な計画だった。

縮まらない距離。

「ベクトルって知ってますか?」

縮まらない距離。

「ベクトルって知ってますか?」

縮まらない距離…。












あの時、勇気が出ずに結局その子に話しかけられなかったことを、
本当に良かったと思っている。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいましたo(≧∇≦o)

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりました( ´∀`)不思議と心惹かれたんです。
Willyさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんですヽ(*´∀`)ノ

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。

日本の統計学検定に関して

Willyさん、毎回、楽しみ読んでいます。現在、私は、観光関連のコンサルタントで働いています。最近、統計の知識が必要になり、高校の教科書から勉強しています。そこで、統計検定というものを自身の勉学の指標として、1級獲得を目指しています。この統計学検定に関して、日本的資格、各種民間検定試験に厳しいWillyさんのコメントをいただきたいです。

No title

はらだたいぞうさん

統計検定ですが、統計学を勉強する上で励みになるという点では良いと思います。
また本を読むだけでなく、実際に手を動かして計算することは大事です。

一方で、残念ながら実用的な試験とは言えません。
現代では、統計を扱う仕事に就く人が、統計検定のように
関数電卓と正規分布表持って仕事することは99%ありません。
統計を扱う業務は、数学的な知識、現実的なモデリング、
コンピューターによるデータの処理、システム面での対応、
分かり易い説明など総合的な力がものを言いますから、
数学とは違ってペーパーテストにあまり向かない分野なのかも知れません。

統計学科のある米国でも統計検定というのはありませんし、
割と内容の近いアクチュアリー試験のようなものに関しても、
独占業務を行う以外の目的で評価されるという話を聞いた事がありません。

まとめると、統計の数学的な部分を勉強するときのおまけだと
思って受験するくらいがちょうど良いかと思います。

お返事ありがとうございます。

私は、大学時代、経済学系を先行しており、その時の指導教官が統計局の御用学者兼理学部物理学科出身で数値計算をパンチ式のコンピューターからフォートラン、Cまで極めた鬼教官でプログラムもできないのに統計なんかやるな!と、その時は、いじめられながらどうにか統計の基本もわからずエクセルだけで乗り切りましたが、記述統計から推測統計と各公式も再現できず、今に至っても、それが心残りでした。現在、一から統計を勉強しはじめています。willyさんの指摘、通り統計検定をマイル・ストーンにしながら、勉強をがんばります。毎回、willyさんのブログを楽しみにしています。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ