複雑怪奇な米国の大学の学費 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

先日、渡辺由佳里氏が娘をコロンビア大学に通わせるのに「わが家は年に600万円以上支払った」とブログに書いて話題になったので、米国の大学の学費について知っている範囲で少し書こうと思う。

米国の大学、特に名門私大の学費に関しての特徴は、人によって払っている額がまちまちだという事だ。日本人の大好きなハーバード大の来年度の正規の学費は寮費を含めて64400ドル(約792万円)だが、年収6万5千ドル以下の世帯の子供は持ち出しなしで通えると謳われている。実際には世帯収入の他、世帯の資産、そして学生の資質によって、奨学金の額が決まってくる。多くの大学が謳う"need-blind admission"が実際に行われているかどうかはかなり疑わしいとの議論があるし(そもそもどの項目を考慮しなければ need-blindと言えるのか?統計的には郵便番号だけでもかなりの情報が得られてしまう)、仮に admisson が本当に need-blind であっても financial aidが学生の能力評価に依存しないとまで言っている大学は殆どない。その全体図を知る事は、名門私大のアドミッションオフィスにでもいない限り非常に難しい。

中流世帯にとって一番大きなジレンマは、子供を良い大学に行かせるにはお金を貯めなければならず、一方でお金を貯めてしまえば大学からの奨学金が減らされてしまうという事だ。奨学金を貰える場合、その額は必要な費用から家族が負担すべき額(Expected Family Contribution, EFC)を控除して算出されるが、通常、親が持っている資産の約5.6%を毎年拠出するようにというルールになっている。子供一人が4年間通っただけでも資産の23%、子供二人が通えば資産の約半分が「貯蓄のペナルティー」として大学に行ってしまう計算である。米国にも、携帯電話も持たないで子供の学費のために節約するような層もおり、こうしたルールは倫理的でないとの批判も根強い。

さらに、こうしたルールに抜け道がないとも言い切れないのが、不公平感を助長している。

奨学金や学費ローンの申請にあたっては、FAFSA(Free Application for Federal Student Aid)という書類を出す必要があり、私立の有名大に関しては更に詳しい内容を記したCSS Profileという書類を出す必要があることも多い。これらの書類は確定申告の情報ともリンクされるので虚偽の報告は難しい。しかし、FAFSAによる連邦政府からの奨学金には、リタイアメントアカウント(401K/IRAなど)の残高や自宅資産はカウントされないし、家族が所有する会社の資産もカウントされない。こうした「資産隠し対策」をきちんとして、フローである世帯年収さえ低ければ通りやすいというずさんな審査内容になっている。もちろん、自前の奨学金を用意する名門私大は、CSSで更に詳しい経済状況を把握して慎重に決めているだろうが、資産のどこまでをカウントするかによって結果は異なってくるので、より多くの情報を持つ応募者が有利なことに変わりはない。更に言えば、申告範囲外の親族に贈与をして資産を消してしまうのが合法かどうか、というのもはっきりしない。

要は、米国の学費支払いは、税制と同様に、支払い能力の低い人の経済的負担を軽減するというより、金融リテラシーの高い人が他の人を出し抜く事ができるというシステムになっている。

米国の大学は入学選考が複雑なだけでなく、学費の支払いにおいても日本の様に「一律54万円」などと簡単には割り切れないのが実情のようだ。
スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

短期の語学留学に関して

毎回、楽しく読んでいます。私は、日本でコツコツとIELTの試験勉強を仕事は、外国人と接する場面が多く、簡単な英語でやりとりしています。Wilyさんにお聞きしたいのですが、アメリカの多くの大学が外国人向けに短期の英語プログラムを用意していますが、これらに参加すれば、英語の感覚を身につけることができるでしょうか?また、これらのプログラムを受講したい場合、直に希望する大学のアドミッション・センターに問い合わせたほうが良いのでしょうか?アメリカの大学における外国人向け英語プログラムに関する意見をお聞かせください。

No title

一度は留学をしてみたい!さん

お返事遅れて申し訳ありません。

語学学校でも大学の英語プログラムでもそうですが、自分で直接問い合わせて申し込めばOKです。18歳以上の方であれば、むしろ、この手続き自体も英語学習の大事な一部分と考えた方が良いと思います。フルタイムの英語プログラムの場合は、学生ビザ(Fビザ)が必要になりますので、I-20という書類を発行してもらい、そこから日本の米国大使館からビザを取得して留学することになります。

アメリカへの語学留学先を選ぶ上の一つのポイントは、どんな留学生が来ているプログラムなのかということです。例えば、大学院留学を目指している場合、MBAなど大学院留学生が多くいるプログラムに参加すると、そうした人脈を作ったり、進学情報を得たりする上では役に立つかも知れません。

英語がどれくらい身に付くかという点ですが、留学開始時点での基礎英語力が高いほど伸びも大きいと思います。基礎的な英語力がないと、そもそも他の国の人と英語でコミュニケーションをとる事ができないからです。(母国語と違い、外国語の最終到達レベルは人によってまちまちだという点に注意してください。小さい子供を除けば、できなくてもそのうちキャッチアップできる、という考えは間違いです。)その意味で、IELTSやTOEFLの勉強はいくらやっても無駄にはなることはありません。

また、アメリカの英語学習プログラムは、主に実践的な英語に慣れることを目的としているため、効率よくテストの点数を上げるためのプログラムにはなっていません。TOEFL、TOEIC、IELTS、英検などのスコアを上げたい方は、日本で家に引きこもってインテンシブにやった方が早く点数は上がると思います。

お返事ありがとうございます。

アメリカで教壇に立っているwillyさんの生情報、本当に助かります。留学先は、アメリカのやや緩そうな総合大学か田舎の単科大学あたり狙ってみます。

No title

一度は留学をしてみたい!さん

それでは成功をお祈りしております。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ