小学生にも分かる「ユーロを取り巻く国々が考えてること」 -- このエントリーを含むはてなブックマーク


ギリシャの財政破綻で話題になっているユーロ問題。
たくさんの国の利害が絡み合っていて難しいが、
小学生にも分かるようにユーロをとりまく国々の思惑を一言でまとめるとこんな感じではないかと思う。

【ユーロ導入済み国】

独「1つの欧州って意味不明だけど利用できる幻想は利用すればいいや。」

仏「ユーロって無茶苦茶だけどドイツの独走だけは止めなくちゃ。」

墺、蘭、ベルギー、フィンランド、ルクセンブルグ
「俺たちに迷惑かけずに、大きい国だけで解決してくれよな。」

アイルランド「もうちょっと待って!そのうち上位の国に追いつくから。」

伊、スペイン、ポルトガル「明日は我が身・・・。」

ギリシャ「ユーロって何なの?でもドイツと同じ通貨ってカッコいいよな。」

リトアニア、ラトビア、エストニア、スロバキア
「ギリシャとか単に努力不足じゃね?
小さくて貧しい国が大きくて豊かな国救うとかマジ勘弁。」

【ユーロ導入予定国】

デンマーク、スウェーデン「ユーロやばくね?無かった事にできないの?」

東欧諸国@ユーロ未加盟「難しいね・・・。」

【ユーロ非導入国】

英「ユーロw 大陸の奴らってアホなんじゃないの?」

アイスランド「ごたごたに巻き込まれなくてよかった。危機の国は離脱すればいいのに。」

ノルウェー「俺、金持ちだから関係ねーし。」

スイス「混乱続きのユーロのせいで、いろいろ迷惑被ってる。」

スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ