アメリカで日本の本・雑誌を買う -- このエントリーを含むはてなブックマーク

当たり前だが、
海外にいると日本の本や雑誌が買える本屋があまりない。

本については、
量が多くて(10冊以上)早く欲しい時は
Amazon.co.jp で注文するのが便利だし、
量が少ない時は、
オンライン書店ビーケーワン
を利用するのが良いと思う。
Amazonの配送料は、
2700円+300円×冊数 で大抵DHLの速達便。
ビーケーワンの配送料は
実費でEMS, OCS, SAL便などが選べる。

週刊誌については、個別に買う事は難しい。
定期購読なら、同じくビーケーワンでやっている。
何故かホームページが嫌がらせとしか思えないほど使いにくい。

個別の週刊誌に関していうと、
日経ビジネス
は、
アメリカでも日本と同じ価格で郵送してくれる。
記事の内容が薄いような気がしているのは私だけでは
ないと思うが、日本の雑誌を普通の値段で早く読みたい、
という向きには重宝するサービスである。
ただし二週間分がほぼ同時に届いたりすることがある。
以前は、週刊朝日やAERAも同様のサービスを
提供していたような気がするのだが今はないようだ。
週刊ダイヤモンドと東洋経済は、
出版社に頼むと、毎号1000円くらいで送ってくれる。
(価格的にはビーケーワンと変らないかも知れない。)

Fujisan.co.jpが、デジタル雑誌の販売を始めたが、
そもそも紙に印刷した物を読みたいから買うわけで
オンラインでは何の意味もないと思う。

ちなみに、シカゴの三省堂など
リアルの本屋で日本の本を買うと、
日本の価格の6割高くらいである。

スポンサーサイト


テーマ : 留学・留学生
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ