スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【A級保存版】 在外小学生のための日本語雑誌 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

アメリカ生まれの娘も、4月から日本の小学校5年生相当になった。家では日本語だが、学校では英語しか使わないので2年前くらいから英語の方が強くなってきた。土曜日には日本語補習校に通い、日曜日には補習校の宿題を4時間くらいやっているが、高学年になると、学校の教材だけでは実践的な語彙や読解力の点で学年相当を維持することが難しくなってくる。そこで、いくつか海外在住の小中学生に良いと思った媒体を紹介したい。

1.朝日小学生新聞 (日刊8ページ、月1720円)

小学生専用に作られていて記事がバラエティーに富んでいるのはこれだろう。ただし、日刊なので読むのはやや大変だ。日本では紙媒体だが、海外向けには電子版もある(紙媒体しか読んだことがないので使い勝手は不明。ご存知の方はご教示下さい)。月々1720円と割とリーズナブルな値段だ。

2.毎日小学生新聞 (日刊8ページ+、月1580円)

1に類似する新聞。こちらは毎日新聞電子版を月3780円で購読すると無料で読めるようだ。(同じく使い勝手は不明。ご存知の方はご教示を。)

3.NEWSがわかる (毎日新聞社、月刊、約70ページ、380円)

「10歳からのニュース百科」の副題からも分かるように、主に小学校4〜6年生を対象に作られている。全ページカラーで、マンガや図、写真などが多く、子供には読みやすいかも知れない。読者の投稿ページもある。欠点は値段が安過ぎるためにアマゾンジャパンでの取り扱いがないところだ。定期購読して実家から送ってもらうなどの手順を踏まないと入手できない。


4.ジュニアエラ  (朝日新聞社、月刊、約50ページ、500円)

3と同じく全ページカラーの雑誌だが、上の二つより少し文章が多く内容も少し高度だ。小学校高学年から中学生向けという感じである。こちらはアマゾンジャパンで取り扱いがあり、海外発送も可能。ちなみにアマゾンの北米への送料は1冊だと1050円で、1冊追加する毎に350円追加される。ただし、消費税は免税になる。




5.子供の科学  (誠文堂新光社、月刊、約110ページ、700円)

科学および工作の話題を扱った子供向け雑誌。かなりの分量でおまけ付きで700円というお値打ち価格である。対象は科学が好きな小学4〜6年生を中心に中学2年くらいまでという感じだろうか。カラー50ページ+二色・単色刷り60ページ。アマゾン取り扱いあり。




6.キラピチ (学研、月刊、約120ページ、730円)

「小学生の女の子のためのキャラ&おしゃれマガジン」とのこと。すみっコぐらしなどのキャラクターグッズが3分の1、ファッション3分の1、マンガ3分の1という雑誌。息抜きや、何でも良いから日本語に興味を持たせたいという女の子のために。小学生向けファション誌ながら、あまりぶっ飛んだところはなく親も比較的安心できそう。JSモデル満載で、大きなお友達も楽しめる。アマゾン取り扱いあり。




7.ニコ☆プチ  (新潮社、月刊、590円)

「おしゃれな女子小学生ナンバー1ファッション誌」らしい。娘を都会風にオシャレでスレた子に育てたい方に。男子の落とし方を特集したりと、6と比べて格段にぶっ飛んだ内容。むしろ、大人が読んでネタとして楽しむ雑誌なのではないかとの疑惑もあり。類似の雑誌に 「JSガール」(三栄書房) がある。アマゾン取り扱いあり。

 

スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

匿名さん

なぜカギコメなのでしょうか。有益な情報も多く、特に秘匿すべき内容もないように思うのですが…。

娘に日本語で接している者としては、社会問題や文化など学校の授業内容を超える高度な知識やボキャブラリーに関して、娘の英語にはディスアドバンテージがあるという点は、感覚的に同意できます。また少なくとも社会問題に関しては、(本来苦手であるはずの)日本語の方が難しい文章に挑戦しているようにも感じます。

また、その差が観測出来ない点に不安もあります。全米レベルのテストで分かると書かれていますが、全米トップレベルを競う特殊なテストでなければ小学生段階で観測することは難しいのではないでしょうか。統計的にも、日本人に限らずバイリンガルの子供の州レベルの国語の試験の成績はモノリンガルの子よりも明らかに高いです。中高レベルに関しても、果たして学校の試験レベルで差がつくのかどうかはよく分かりません。

英文と和文で、根底となるアイデアが違うというのも同意です。娘の場合、やはり日本語の本は英語の本ほど面白くないと感じるようです。読む本はほとんどが英語で日本語は教養として身につけるという側面が強いです。ただ日本語のマンガが好きなのは救いです。名探偵コナンとこち亀は、在外子女のバイブルと言っても過言ではないかも知れません(笑)。

娘の場合、シンタックスでは最初から殆ど混乱がなく、日英どちらが強いかの判断材料にはなりません。英語が強いと判断したのは、「そこに生えている木の様子を詳しく説明するなら日英どちらが簡単か」という質問に「英語」と答えたことです。言語に依存しない状況の描写力とでもいいましょうか。

日英二言語が混ざる事をバイリンガル教育の弊害とする意見がありますが、これはほとんど「バイリンガル研究のためにでっち上げた弊害」だと私は考えます。そもそも、日英では文法構造が全く異なるので二言語間で混乱することは不可能のように思えます。おっしゃる通り、二言語が混ざるのはボキャブラリー不足をカバーするためのもので、これはモノリンガルとして育った大人にも生じていることです。

以上、全て私見ですので、違う考えをお持ちの方もいることは理解しています。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。