スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(デトロイト)どんどん店を閉める小売業者 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

夏にデトロイト郊外に引っ越すので、
最近、デトロイト関係のニュースをチェックするようにしている。
はっきり言って、経済に関して良いニュースは何一つない

今日は、ウォールストリートジャーナル誌の記事
"Retailers Head for Exits in Detroit"。

デトロイトでは今:
― ビッグ3がホワイトカラーを切っている。
失業率は22.8%フードスタンプ受給者が30%
― 数百のビルが放棄されたまま
― 市の歳入減少により、警察の応答速度や除雪サービスが低下。

その結果、小売店が町から逃げ出して、
― 自動車の町と呼ばれるが、クライスラーやジープを買うには町の外まで
  出向かなければならない。
― 本拠地が40mileしか離れていない大手書店 Borders
  (訳注:本社=アナーバー)がデトロイト最後の店舗を閉めた。
― 人口90万の都市なのに、スターバックスが4軒しかない。
― 全米展開しているスーパーも一つもない。
市民の約半数は、週に2度ほど市外のスーパーに買出しに行っている。

一方で、
― 2001年と2005年に激安大手スーパーのAldiが進出
  大きな利益を上げている。

要するに、将来の希望が無い都市なので、
経済の実体が悪化する以上に、小売業者が店を畳んでしまい、
供給不足に陥っているということらしい。
需要不足で苦しんでいる日本の小売業の方、
デトロイトに進出してくれませんかねー。

スポンサーサイト


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。