代数と統計学の関係? -- このエントリーを含むはてなブックマーク

今年の就職面接で聞かれた印象深い質問の一つに、
大学院で数論をやっていたと聞いたが、
統計をやる上で役に立ったことはあるか?

というのがあった。

その場では答えられなかったのだが、
敢えて言えば、
私は時系列解析をやっているので、
ARMAモデルなどでラグ・オペレーターの多項式を
使うと便利なことが多い。
そんな時に、真のパラメーターを識別できる条件を
表現したいときに多項式の既約性が役に立ったり
することはあった。

最近は、代数統計学なんてものもあるらしい。
まあ、パラメーター空間を代数多様体とみなすことは
常に可能な気がするので、
そんな分野もあるのだろうと思うけど
私は詳しく知らない。


スポンサーサイト


テーマ : 数学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
5位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ