スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


危険なクレジットカード情報 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

「お得なクレジットカード情報」でも紹介しました通り、
きちんと支払いをする人にはメリットの多い米国の
クレジットカードですが、
借金を貯めると大変なコストがかかるようになっています。
3年前の US News には、
大学生ですら卒業するときの平均のクレジットカード残高は
3,000ドルと出ていましたから、
カード会社は金利やら手数料やらでかなり潤っていることでしょう。

例えば私の持っている最も条件の悪いカードの
規約を読みますと、

まず、商品購入金利(purchase APR) 23.24%。
既に、日本の利息制限法の上限より5%以上も高いです。

Balance transfer 23.24%。
これは、他のクレジットカードから借金を移した場合の金利です。
移すときには、残高の3% (下限$5,上限$75)取られるそうです。

キャッシング(cash advance) 28.24%。
日本の消費者金融の貸付金利(出資法上限金利)とほぼ同じですね。

延滞金利 (default APR) 32.24%。高いです。

さらに金利以外に何かと手数料がかかってきます。

ATM利用手数料:利用額の3%(最低$10)
暴利!手持ちが無くなって20ドル下ろしたら
手数料だけで10ドル!日本では出資法違反です。

延滞手数料: 延滞$100まで$15, 延滞$250まで$29, 延滞$250超 $39
延滞は利息があがるだけじゃないんですね。
1日だけ、1ドルだけ支払いが遅れても15ドルです。
アメリカのカードは自分で手続きしない限り自動引き落とし
にならないですから、かなりの人が払っていると思います。
しかも延滞し続けると毎月この額かかります。カード地獄。

限度額超過手数料:39ドル
普通、日本では限度額越したら使えませんよね。
そのくらいカード会社で管理しろよ!って感じですが。

Return payment fee, return check fee: 39ドル
残高不足で決済できなかった場合ですね。
もしかして、銀行の小切手のサイン忘れただけで39ドル?!
まさに、悪徳商法。

こんなわけで、アメリカのクレジットカードには罠が一杯です。
しかも、私の持っているCITIBANKのクレジットカード、
何の予告もなしに、
今月から支払いが5日早くなってるんだけど、、。

アメリカの金融機関がなんで儲かっているのか、
理由が少し分かりますね。
スポンサーサイト


コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんですよね。
結婚して、日本の銀行と同じか、と様子を見ていたら、私の場合は、
クレジットカードは、銀行のATMに付属したデビットとビザですが
貯金額が少なかった頃、別に問題なく日本のサイトでも買い物できていたのが、貯金額がちょっと数十万増えて、これで2007年の終わり頃から
なぜか、日本のアマゾンなんかで決済されない、2008年になって、インターネットのサーバーが日本だから、と決済しようとしてもできない。
 それでもアメリカのサイトで買い物できていたので、問い合わせずにいると、2月に、500ドル以上の語学ソフトを購入して、その後家で必要なものなど、100ドルから、300ドルくらい買っていたら、その300ドル、Paypal以外は全部決済されないのです。
 そして、数ヶ月前から、一部使用できなかったのにもかかわらず、4月11日付けで、fraud protectionとかいう部署から、確認したいので、電話が欲しいと手紙がありました。

  私の口座は、お財布がわりに持っているのに、クレジットカードが使えないと、意味ないんです。
 なので、日本のアメックスをまだ、解約せずに持ちつづけようと思いました。実家に口座があると、預金維持できますからね。

  本当に、本や家具など、貯金の範囲ないで買い物しているのに、クレジットの決済が、銀行の一存でできないのは、不快です。
かなり怒って文句の手紙を書きました。
 銀行変えようかと思ったり。
 銀行では、saving だけの口座でもクレジットカードが使えますが、
 checking をつけていて、しかもChecking からsaving に毎月$25自動送金するプランだと言われずに口座を解説したのです。
  そのせいで、checkingを見ないと、いつのまにか預金が無くなっていて、クレジットカードを使った時に、saving からのお金の移動代ということで、たしか、10ドルか25ドル、毎回とられていて、たった10ドルの買い物をして、saving からchecking に移動させたということで、倍額チャージ、それも気がつかない月は、買い物するたびに、毎回ですから、
 恐ろしい手数料です。

 腹が立って、これを避けるには、どうしたら良いかときいたら、
たしか$25の送金を止めれば良いと、しかし、そうなると、今度は、毎月$8というサービスフィーをとられることを説明しませんでしたね。
 それで、今度は、今年2008年から3回ほど、$8が発生、これを止めたいと尋ねたら、$1000をミニマムで、チェッキングに置いておけ(これら一回一回しか教えてくれないし、そもそも預金のpackage に総合的なこういうリスク解説がないことが問題、だから、日本ではこういうことは許されないと文句書いてやって、腹がたったので、新聞のコメント欄にも書いて書いときました、みんな金が底をつくわけです)
 ちなみに、saving だけでもクレジットカードは作れることがわかり、
余計な転送料をとられ続け、(それでも夫が仕事をしている間はいいですよ)いずれは、一番安全な銀行を見つけて、そこに入れておかないと、金が、手数料で消えていくと思いましたね。
 とにかく、一番頭に来たのは、その$1000を置いたあと、まだひかれているので、条件をそれにかえるように銀行員に言うように、夫に頼んだのですが、この行員が夫をまるめこみ、$25送金にしておいたほうが、saving の利息がつくから、お得だとかいいはるのです。
 しかし、その利息以上に その転送料で手数料は出て行ったし、
 本当に気が強くて、アメリカの白人女性は嫌になる、と思わず人種差別してしまいそうになりました。(笑)
 でも、本当に、人の意見を無視するタイプいます。警察に言うとか、訴えるといわないとひかないですからね。(3年で、二回いいましたよ、ホント)彼等、彼女達、私がなんか理論的なこというと、「生意気」って思うのがよくわかります。が、身の程知らず、世界しらず、無知で生意気なのは、自分のほうだって気がついていない。
 私も日本では銀行員だったこともあるわけで、このリスク解説の一部欠落いよる手数料、我が夫は強いので、(スペイン人ですが)振込戻してもらっています。$8とか。
 一番腹がたったのは、夫がお客さんにもらった小切手が
現金化されなかった時です。夫は、されている物と思い、他の業者にそこから支払いを行ない、ところが、元の小切手がシステム処理のおくれで、まず私達の銀行に通達無し。相手の銀行が通達し、もう現金化できるはずなのに、アリゾナのセンタ―のシステムのせいで、現金がないのに
送金したということで、$25ずつ、いちいち手数料をとられて、夫も怒りました。その金額、返してもらいましたよ。
 これでは、お金持ちになれないのではなく、人は、飢えて死んでしまいますよ。 

No title

「ちわっす」さん、こんにちは。コメントありがとうございます。こちらの銀行は確かに色々な手数料がありますね。私も、何度か不意にmonthly feeを引き落とされて返金してもらったことがあります。

銀行員をされていたということで釈迦に説法という感じで恐縮ですが、日本には出資法と利息制限法という法律がありまして、利息のみならず手数料なども青天井に取ることができないような仕組みになっております。

しかし、アメリカは金融戦略の一環として、この法律を廃止するように日本政府に圧力をかけ続けており、日本の金融関係者も規制緩和の一環として廃止に賛成な人が結構多いように思います。私は、そうした規制緩和派の人たちが、撤廃が庶民に与える本当のインパクトをきちんと理解しているのか少々疑問に思います。

プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程にてPhD取得。現在、米国の某州立大准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
4位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。