スポンサーサイト -- このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


覚醒剤と数学 -- このエントリーを含むはてなブックマーク

覚醒剤が流行っているので、月並みだが、
覚醒剤と数学の違いを列挙してみた。



 覚醒剤数学
価格金持ちしか買えないほど高価。無料。
入手
可能性
危険な取引場所に行かないと
手に入らない。
どこでも手に入る。
使用方法 注射針かライター、ストロー
などが必要。
無意識に始めてしまう。
習慣性強い依存作用。 強い依存作用。
効果・開放的な気分に。
・意中の女性を虜に。
・楽しいのに辛い。
・意中の女性に冷たくされがち。
中毒
患者層
 芸能人など才能に恵まれた人。 数学を取ると何も残らない人。
副作用・稀にフラッシュバックが起こる。
・歯がぼろぼろに。
・日常的にフラッシュバックが
起こる。
・人生がぼろぼろに。
結末 ・いつかは逮捕される。 ・終わりが無い。

 
スポンサーサイト

テーマ : 数学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いえてます

No title

二つ合わせると?

http://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Erd%C5%91s

しかし今日のコーヒーはうまい。

No title

実は私はコーヒーが飲めません。
あー、それで数学ができないのか~。

No title

古いAriticleにレスをしてもうしわけありません。
が、ずっと気になっていました。

WofwofさんのIQは、全人口の上位何パーセントのグループのスコアに相当しますか?

IQを聞くのは日本ではタブー的ですが、スポーツをする際の身体能力と同じですよね。

Wofwofさんが、覚せい剤によるハイと数学によるハイを比べている点が新鮮だったと共に、前頭葉の抽象的思考による快感が数学をやる人にとっては覚せい剤並の強度があるのかも、と驚きました。僕も数学的抽象思考が好きです。それでハイになったりします。でも、アルコールや覚せい剤等の物質に比べると、僕の数学的ハイはショボイですね。その程度のIQなのだろうと思います。

もちろん、Wofwofさんは、Joke的に書かれた要素もあるのだと思いますが、ご友人の元東大生が薬物を使っていてその後行方不明の話など、興味深いですね。

僕は数学に最近になって興味が出てきました。若い頃は試験で問われるパズル的な要素が好きではなかったのですが(今でも)、その芸術的原理は今でも学びたいですね(しかも不完全!)。その成績によって将来が決められないのなら笑。

IQ

当然ながら、これは100%本気、じゃなかった、99%ジョークですよ。

IQ テストって何か意味があるんですかね?高校生か大学生の時、興味があって本を買ってやったりしましたが、140-150くらいになることが多かった気がします。IQって確かMean=100、SD=15だから、Mean+3SDくらいですかね?でも日本人の平均ってもっと高かったような。本もインチキ本かも。数学などをやってると必然的に有利な面があるので、他の分野の人が同じIQだったらきっとその人の方が頭は良いでしょう。また、単なる感触ですが、日本の大学院で数学をやっていた時、友達の半分くらいは自分より頭が良いと感じました。

No title

>IQを聞くのは日本ではタブー的ですが、スポーツをする際の身体能力と同じですよね。
IQはThe Bell Curveという本のおかげ(せい?)でアメリカでもPCですよ(笑)。

ちなみにIQでいい数学者になれるかどうかを予測するのはいろいろ問題がありますね。一番の問題は「整理力」や「好奇心」が定量化できない事でしょうか。IQテストって大体問題一つ一つが小粒でぎこちないですから数学を「やる」のとは思考プロセスが異なりますね。数学IQは「数学」能力よりも「計算」能力が問われるような気がする。

僕の知り合いの中では計算ができない人ほど数学が巧みだったような。。ちなみに僕は計算が速いです(涙笑)。

数学と計算力

数学と計算能力はほとんど無関係だと思いますね。
でも、別に負の相関までは無いと思いますが。
プロフィール

Willy

Author:Willy
日本の某大数学科で修士課程修了。
金融機関勤務を経て、米国の統計学科博士課程に留学。
2009年、某州立大数学科専任講師。2010年、助教。2016年、准教授。

検索フォーム
Twitter

Twitter < > Reload

お勧めの本
1.ルベーグ積分30講
―― 統計学を学ぶために。
   小説のように読める本。
   学部向け。


2.Matematical Statistics and Data Analysis
―― WS大指定教科書。
   応用も充実。学部上級。

全記事表示

全ての記事を表示する

最近のコメント
訪問者数 (UA)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
海外情報
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
6位
アクセスランキングを見る>>
人気記事Top10


(はてなブックマークより)

カテゴリー
最近のトラックバック
お勧めブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。